小野田寛郎さん 食に対する考え 健康をチェックするには

昭和49年フィリピンのルバング島から帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さんは今年90歳になりました。
 
現在はブラジルで牧場経営をしており、日本では小野田自然塾というキャンプ教室を主宰しています。
 
1年のうち3ヶ月はブラジルで牧場経営、残りの9ヶ月は日本で過ごしています。
 
(このコンテンツは週刊文春2012年8月9日号144~148ページを参考にしています。当コンテンツの内容は記事掲載当時のものです)
 

90歳になったいまでも背筋はピンと伸び、凛々しい印象の小野田さんは「食べものは、その人の身にあったものを食べるのが一番」という考えです。
 
「食べてみて、お腹の調子が正常で、翌日元気が良かったら、それを食べるのがいい」
 
小野田さんは肉が好きで、奥さんからは野菜も食べるよう言われますが、「嫌いなものはできるだけ食べない」という考えなので、野菜はあまり食べません。
 
たった一人の30年戦争(レビュー多数あり)
たった一人の30年戦争
 
戦争から帰ってきてアユを食べたら、アユがイワシのように脂臭かったそうです。鶏の唐揚げを食べたら、それもぬか臭いと感じました。
 
「昔はああだったはず、こうだったはず」という食べものばかりで、いわゆる本当の味がないから、魅力が無い、と感じています。
 
運動もやりたいときにやる、という主義で、それが自分の身に合っているのだそうです。
 
「食べものでも何でも、自分を良く知って、それに合うようにと自分を工夫していけばいい。でも、そういうことも教えてもらわなきゃこまるという、自分で考えられない人がいるんですね」
 
 
健康に無頓着なように思えますが、決してそうではなく、
 
「自分以外に誰も気をつけてくれないんだから、自分の健康、体調のチェックは毎朝欠かしません。痛いところや身体が疲れているところなんかは、朝起きたときが一番わかると思う。活動し出したらわかんなくなっちゃう」
 
 
戦争中の強烈な体験から、「死に関して不感症になったので、死ぬのは怖くなくなった」そうです。
 

コメントを残す