毒蝮三太夫さん 腸閉塞の原因と食事制限など

タレントの毒蝮三太夫さんは06年の元日に腸閉塞で入院しました。
 
「9割方は命を落とす」状態だったそうで、1ヶ月半の入院でした。
 
腸閉塞になった原因として医師から指摘されたのは「冷酒や水割りなどを飲みすぎてお腹を冷やすのがいけない」だったそうです。
 

いまは飲酒を控え、食事も一日1600kcalに制限しています。
 
「腹6分目を3回に分けるのが基本」で、これに慣れたら4kgほど減量できました。食事のメニューは全てメモしています。
 
間食は禁止されているのですが、つい食べてしまったときは2kmほど歩いて調整しています。本人いわく「制限ばかりじゃつまんない」とのこと。
 
 
「みんな生活習慣病にはなるなよ!あれは自分で防げるんだから。コメ食って、箸使って、笑顔でいようよ。弱った年寄りばかりじゃ俺も毒なんて吐けないもん」だそうです。
 
腸の具合がわるいとき
腸の具合がわるいとき (おいしく食べてなおす)
 
腸閉塞は開腹手術を受けた人に発症することが多いとされています。開腹手術の影響で、腸と腹壁、あるいは腸同士が癒着したりすることで腸が折れ曲がったり、ねじれたりするのです。
 
 
腸閉塞では膨満感、激しい腹痛、吐き気などの症状が起きます。腹痛は非常に重篤になることがあり、ショック状態に陥ることもあります。
 
腸がねじれていなければ手術の必要はありません(ねじれているかそうでないかの判断は難しいようですが)。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す