読んでみました 食べること やめました おいしいハンバーガーのこわい話

IMG_1152

「食べること、やめました」は、「超小食実践者」としてメディアにも登場されている、森美智代さんの本です。
 
そもそも森さんが少食を始めるきっかけになったのは、21歳のときに難病の「脊髄小脳変性症」に罹患していると判明したことです。

 
「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年
「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年
 
以後、甲田光雄医師の指導を受けながら少食・生菜食を基本とした療養を続けます。その結果森さんは難病を克服し、健康に生活できるようになりました。
 
 
病気が治っても少食の傾向はどんどん強くなり、ついには一日に青汁一杯だけの食事に落ち着きます。
 
 
「さすがに栄養失調になるのでは?」と考えてしまいますが、森さんは血液検査などの数値は全て基準内、骨量や筋肉量は平均的な女性よりも多め、という栄養学の常識を覆す身体を維持しているのです。
 
「常識はずれ」といえば、本書の後半は森さんの「霊能力」についての話になります。 本来私はこのテの話を眉唾に感じるのですが、森さんの人間離れした生活習慣を考えると、もしかしたらホントかも・・・と思えてきます。
 
 
カロリー制限が健康に寄与するのは、おそらく間違いありません。
 
森さんの場合はやや極端ですが、日頃食べ過ぎを自覚していて、「カロリー制限やらなきゃ」と考えている方は、一度本書を読んでみてはいかがでしょうか。
 
(関連コンテンツ)
森美智代さんが愛用しているサプリメント
 
スポンサーリンク

おいしいハンバーガーのこわい話

このHPで紹介するからには、「ファストフードの健康への悪影響」という側面がトピックになっているのは言うまでもありません。
 
おいしいハンバーガーのこわい話
おいしいハンバーガーのこわい話
 
しかし私としては、むしろファストフード企業(主にM社)の実態に、より興味をそそられました。
 
・M社がどのように誕生し、販路を広げていったか
 
・M社に北米で初めて労働組合が作られた時、会社はどう対応したか
 
・ファストフード企業はなぜ、またいかにして子供をターゲットにするのか
 
・アラスカの「近代世界に接したのが一番遅い人々」の生活や文化が、1959年に「アメリカのアラスカ州」となってからどのように変わっていったか
 
・材料のじゃがいもや鶏、牛がどのように加工されているか
 
・肥満対策として行われている胃のバイパス手術の実態
 
・これらに対する筆者の考え

 
などなど、「何となく聞いた話」が改めて語られていて、私は少なからず衝撃を受けました。
 
 
カスタマーレビュー も極めて高評価です。このコンテンツを作成している時点では、40件中34件が星4つ以上評価です。星1つ評価はナシ。
 
翻訳本らしい文体ですが、決して読みにくいわけではありません。実にスムーズに読めます。
 
 
この本の前書きの一部を紹介します。

食べものは人の根本にかかわる重要なものなのだ。そんなに重要なのに、なぜ、ほとんどの人はファストフードについて深く考えないし、よく知らないのだろう?
 
答えは単純明快。ファストフードを売る会社が人々に深く考えてほしくないから。

超巨大ファストフード企業の内実を知るルポとして興味をかきたてられる本です。手に取る機会があったら、ぜひご一読あれ。
 
スポンサーリンク

コメントを残す