ご存じ、平泳ぎ金メダリスト北島康介選手のコーチ、平井伯昌氏のスイミング入門書です。私はこうしたスイミングハウツー書をいくつか読んでいます。
 
水泳に限った話ではないかもしれませんが、ハウツー書を読んでいると、本によって解説が食い違っているケースがあります。

 
例えば、クロールで泳いでいる最中の顔の向きは、この本では「真下を見る」と解説されていますが、ある別の本には「1メートルほど前を見る」と書いてありました。
 
判断に迷いますが、私の場合はどちらも試してみて、しっくり来るほうを採用します。両方やることもありますが。
 
 
この本は、著者があの平井コーチなので、内容の説得力が他と違う気がします。
 
知識ゼロからのスイミング入門
 
泳ぐ習慣のある方は、「技量上達の試行錯誤の材料」のひとつに加える価値のある本だと思います。
 
(参考)
サイト内の水泳関連コンテンツ
 
[ad#text-adsense300]