血中アルブミン値の正常・基準値 高齢になってもたんぱく質摂取を

sekkekyu

アルブミン値は、老化度を測る血液中の指標として近年注目されています。
 
東京都老人総合研究所が高齢者1500人を対象に調査したところ、血液中のアルブミン値の高い人ほど長生きする傾向のあることがわかりました。
 

アルブミンは食事から摂ったたんぱく質を原料にして肝臓で合成されます。
 
ホルモンを全身に運んだり、傷ついた細胞の再生を促すなどの働きをするため、アルブミンが少ないと・・・
 
■老化が早まる
■体力・気力が衰える
■感染症にかかりやすくなる

 
などの弊害が起こります。
 
加齢と共に胃腸や肝臓の働きが弱くなるので、年配者ほどアルブミン値は低下しやすくなります。
 
 
これに加えて、高齢になり「肉は身体に悪い」とあっさりしたものばかり食べるようになると低たんぱく状態=低アルブミン状態になるため老化がさらに進んでしまいます。
 
 
この対策としては動物性たんぱく質をしっかりとることが大事です。
 
目安として中高年の人なら一日に肉と魚をそれぞれ1切れ(約70g)、卵一個、牛乳200ccくらいを満遍なくとりましょう。
 
 
血液中のアルブミン値は1デシリットル中に3.9グラム以上が基準になります。
 
アルブミン値は献血をするともれなく教えてもらえます。
 


肉を食べる人は長生きする 健康寿命を伸ばす本当の生活習慣
介護されたくないなら粗食はやめなさい ピンピンコロリの栄養学

コメントを残す