ついにいぼ完治!薬に加えてスピルリナとヨクイニンで

なかなか辛かった好転反応ですが、それも私の体質が少しずつ改善されていったことの証です。
 
前のページはこちらです。
 
 
実際に4月の上旬頃になるとあご周辺にできていた(にきびそっくりの)いぼはなくなっていきました。

いぼが治っていく過程 皮膚や爪の変化

前ページに書いたように足裏のいぼをぼろぼろはがしていると、ある日茶色い皮(皮膚科からもらった塗り薬を塗っていると皮が茶色になるのです)の間から、新しい皮が見えました。
 
ちょうどかさぶたがはがれた後のような、赤いつるつるの皮です。
 
 
いぼはウイルスの感染によってできるので、その新しい皮はウイルスの感染に負けない抵抗力があったということになります。
 
その皮ができたのがいつのことだったかはわかりませんが、思わず「よくやった!」と言いたくなりました。また同時に、自分のやってきたことの効果がちゃんと出たことがわかり、うれしくもありました。
 
 
手の爪の付け根にいぼができると爪の形が変わってしまいます。爪が波打つような形になるのです。爪を生産するところにウイルスが感染しているので爪の形が変わってしまうのでしょう。
 
私は両手の親指と右手の中指、左手の薬指の爪が波打ってました。
 
 
しかし体質が改善されるにつれ、足裏に新しい皮が現れたように、この波打ちもある時点からぴたりと止まりました。
 
爪が少し伸びると、波打った部分と普通にまっすぐ伸びた爪の境目がはっきりわかったのです。
 
抵抗力がつく前と後のbefore・afterがはっきりわかるようで、なかなか感動ものでした。
 
 
やがて左足裏の古い皮はすっかりはがれてしまい、いぼができていた部分は、うっすらといぼの輪郭を残して、血色の良い新しい皮になりました。
 
また両手、あごにできていたいぼもすっかり無くなりました。
 

いぼは必ず治る!撃退体験談まとめ 私がやったこと

最初に行った皮膚科の先生が「いぼを治すのは時間がかかる場合があるが、治った時は、拭き取ったようにきれいに治る」と言っていたのを、本当だなぁ、と思い出しました。
 
 
皮膚科には塗り薬をもらうために、合計で3回くらい通ったと思います。
 
私のメモ書きには、いぼが消えた期日を04年の4月30日と記録しています。スピルリナを飲み始めて一月半といったところでしょうか。
 
 
振り返ってみると、意外と短かった気がします。ネットの情報を見ると、いろいろやっているのだが半年とか一年も効果が出ない、といった話が出ています。
 
 
私がやったことをまとめます。

・毎食後に、スピルリナを3粒ずつ、ヨクイニンを5粒ずつ飲む
 
・はと麦茶を意識して飲む
 
・皮膚科からもらった塗り薬をこまめに塗る
ただし、手と足だけこの塗り薬は揮発性がすごく強い(シンナーのようなツンとくる刺激臭あり)ので、あごなど顔に塗ると目にしみて大変なことになる。

私にはそれほど目立たない場所にできたのですが、場合によっては鼻の頭とか眼の周りにできたりして大変なことになるケースもあるようです。
 
もしいまいぼにお悩みで、これらを試したことがないなら、参考にしてみてください。
 
私の場合は、跡形も無くいぼがなくなりました。
 
熊本大学病院のいぼの権威である先生も、「いぼに特効薬は無いが、根気よくやればいぼは必ず治るものだ」と言ってました。希望を持ってがんばってください。
 
 
いぼにかかったことがなくても、スピルリナは有効なサプリメントのひとつとしてお勧めします。特に独り暮しをしているあなたは、選択肢の一つとして加えてみてはいかがでしょうか。値段も手ごろだと思います。
 
いぼが治った今でも、私はスピルリナは飲みつづけています。免疫力が強くなったのは間違いないようで、風邪をひかなくなりました。いぼの再発も、もちろんありません。
 
さらに続きます。
 
私が使ったスピルリナとヨクイニンです。
ザ・スピルリナ(「EX」ではありません) Amazonへ
ザ・スピルリナ(「EX」ではありません) 楽天市場へ
ザ・スピルリナ ヤフーショッピングへ
 
クラシエのヨクイニン錠 Amazonへ
クラシエのヨクイニン錠 楽天市場へ
 

コメントを残す