健康維持には良い腸内環境が欠かせないのはすでに常識となり、ヨーグルト摂取の習慣も一般的になりました。
 
私もほぼ欠かさず毎日食べるようにしています。
 
個人的には、ヨーグルトが健康維持をサポートしてくれる実感を得られています。(私の感想です)

なので誰かと健康の話になると、私はヨーグルト摂取を習慣にするようお勧めしています。
 
キモは腸内環境を良くすることなので、善玉菌を摂取できればヨーグルトに限定しなくてもOKですが、私は明治のブルガリアヨーグルトを長年頂いてます。

トクホ製品 菌の働きの違い

健康効果をうたえる特保認定のヨーグルトはすでに定番になっています。
 
特保マークのついたヨーグルトは、期待できる作用がメーカーごとに違いがあります。
 
代表的な製品と特徴をまとめます。

明治乳業の明治ブルガリアヨーグルトLB81
菌の種類 ブルガリア菌LB81株とサーモフィラス菌 整腸作用が高い。
 
森永乳業のビヒダスプレーンヨーグルト
菌の種類 乳酸菌BB536株とビフィズス菌 免疫力を高める。
 
ヤクルトのソフール
菌の種類 ヤクルト菌Lとガゼイ・シロタ株 整腸作用や免疫維持作用
 
高梨乳業のタカナシヨーグルトおなかへGG!
菌の種類 乳酸菌LGG株 アトピー性皮膚炎の改善 予防

 
ブルガリアではヨーグルトを一人あたり年間25kg消費します。この統計に自家製ヨーグルトは入っていないので、実際の消費量はもっと多いと考えられています。対して日本では約7kgです。
 
ブルガリアのヨーグルトはブレーンで、日本のように甘いものはありまぜん。食べ方は日本とあまり変わらず、ジャムやはちみつを入れたりします。ときにはスープにしたりすることもあります。
 
ちなみにヨーグルトは、肉を柔らかくする作用もあります。肉をプレーンヨーグルトに漬けて、冷蔵庫で半日寝かせるとOKです。
 
関連コンテンツ
肉を柔らかくする方法
 
肉をカレーに入れるなら、ヨーグルトにカレーパウダーを混ぜておくと、カレーの風味が肉になじみます。

菌トレ習慣 食べる時間の違いと便秘

ヨーグルトはいつ食べるのが一番効果的?コンテンツでもお知らせしたように、私はヨーグルトは基本的にいつ食べてもそれほど変わらないと考えています。
 
しかし、「菌トレ習慣」という製品のレビューを読んでいたら、「飲む時間で実感が違いました!」という体験談が寄せられていたのです。
 
そのレビューとはこちらです。
飲み方によって効果が全く変わります
 
このレビュー主さんは、以前は「菌トレ習慣」を昼や夕食後に飲んでいましたが、全くといえるほど実感は得られませんでした。
 
そこで飲む時間をちょっと変えてみたところ、実感に劇的な違いがあったのです!
 
どうなったのかは、レビューを読んで確認して下さい。飲む時間によって違いがあるのでは?と考えている方には参考になる体験談です。
 
腸閉塞を患っているお母さんについてもコメントされています。
 
こういうレビューを読むと、「飲む時間によってけっこう違いがあるのかも?」と考えてしまいます。

R-1ヨーグルト作り方 自作すれば飲み放題?

現在市販されているトクホヨーグルトには評価の高いものがいくつもあり、
 
「お通じがよくなった」
「カゼをひかなくなった!」
「インフルエンザが流行っていたが、健康で過ごせた」
 
など、良い実感を得られたレビューが多く寄せられている製品もあります。
 
明治のR1ヨーグルトはその筆頭ではないでしょうか。私の周囲でもとても評判が良く、寒い季節は欠かさず飲んでいるという人もいます。
 
・・・しかし・・・
 
同時に「ちょっとお高い」という話があるのも事実です。「もう少し安かったらずっと続けるのに」と考えている方は多いのではないでしょうか。
 
・・・そして「あわよくば、自宅で作れないかな?」と考える方も。
 
ヨーグルトは、本来自宅で作られるものでした。種菌を受け継いでいけば、いつまでも自家製ヨーグルトが作れるのです。ということは、R1ヨーグルトを作るのも不可能ではないはず。
 
そこで何かわかりやすい情報はないかな?と探してみたら・・・
 
ありました!
 
タニカ電器さんのヨーグルトメーカーに「R1自作の決定版」というAmazonレビューが寄せられていたのです!
↓ ↓ ↓
R-1自作の決定版
(Amazonにリンクします)
 
・牛乳とR1の割合
・糖分の量
・砂糖を溶かすポイント
 
など、コツも詳しく解説されています。
 
R1ヨーグルトを作りたいと考えていたあなたは、ぜひ参考にしてみて下さい。
 
ちなみに、人気ユーチューバー・ヒカキンさんもR1自作動画を作成されています。その他の自作動画も紹介しておきます。