愛用しているスピルリナを減らしてみたら

メルマガ再掲の続きです。 
 
前ページはこちら
 
メルマガやブログ、HPでサプリメントの話を散々するものの、私としては「やっぱり日頃の食事が基本」と考えています。
 
 
だったら、少しくらいサプリを減らしても(あるいは飲まなくなっても)体調を維持できるくらいの食事や生活を送るべきというのが道理ではないでしょうか?
 

これから寒くなり、免疫力の本領が試される時期です。
 
少しとは言えスピルリナの量を減らして、冬をどれだけ健康で乗り切れるか実験の意味をこめてやってみます。(イボが再発したりして・・・・)
 
↑再掲ここまで
 
 
このコンテンツを書いているのは2010年の11月下旬です。つまり、メルマガ記事から1年以上経過しています。
 
体調はどう変化したかというと・・・
 
 
幸い、それほど悪くなったとは思えません。
 
ただし、この1年以上「1日6粒」を厳密に実行したかというと、そうではありません。6粒以上飲んだことは何度もあります。
 
それでも以前より飲む量が減ったのは事実です。
 
 
「スピルリナを飲まなくなったら、体調を崩した」という話は、楽天市場のザ・スピルリナの購入者コメントに複数見られます。
 
 
私がスピルリナを減らしても体調を維持できているのは、
 
・野菜などを意識して食べている
・カゼを防ぐためのコツや自分のクセを把握できるようになった
 
からだと思います。
 
 
ただし現在でも、全く飲まなくなってしまうと、おそらく高確率で何らかの悪い影響が出るでしょう。
 
今回のスピルリナを減らす試みは、ハッキリ言って「趣味」みたいなものです。(私はこのパターンが多いですが)
 
 
「良い体調を維持できるのがわかってるんだから、効果がある量を飲めばいいじゃん」「そもそも、減らす必要はあるのか?」という意見もよくわかります。
 
ただ、先に書いたように、私は「食事で必要な栄養素を確保するのが本来の姿」と考えています。
 
よって、サプリメントの類を必要としないのが私の理想なのです。
 
 
実家で暮らしていた頃は、内容の充実した、母の手作り料理を食べていたため、サプリメント無しでも健康生活を送っていました。(母の料理のおかげで、現在でも父はサプリなど全く飲まずに私より健康かもしれません)
 
 
免疫力が落ちて私がイボを発症したのは、ひとり暮らしを始めてしばらくしてからです。
 
食事の内容が少しはマシになったとはいえ、ひとり暮らしの自炊には限界があります。
 
スピルリナを全く飲まなくなるとおそらく体調を崩してしまうでしょうね。
 
 
結局は飲み続けるわけですが、サプリに頼らなくても健康体を維持する気概と、そんな生活習慣に近づける意識は忘れてはいけないと思うのです。
 
 
このへんの考え方は、人それぞれ違うでしょう。
 
「サプリを飲むなど、邪道だ!」という考えもあるでしょうし、「野菜の含有栄養素は減っているそうだから、サプリくらいは利用するのも無理はない」のももっともです。
 
「栄養補給はサプリだけで済ませる」なんて意見もあるでしょう。(個人的には賛成しかねますが)
 
ザ・スピルリナ 1000粒
ザ・スピルリナ 1000粒
 
私としては、健康のベースは普段の食事や生活習慣だと考えています。
 
 
なので、このベースを改善する試行錯誤は続けてみます。今後も少しずつはサプリの力を借りると思いますが。
 
 
スピルリナを減らしてみたら 終わり
 
スピルリナの効果 長年愛用 こんな感じで飲んでます
(別館)へリンクします。
私が飲んでいるザ・スピルリナの画像などを紹介しています。
 


海洋深層水スピルリナブレンドスピルリナ
ジョコビッチの生まれ変わる食事

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す