悪性皮膚がんメラノーマについて

メラノーマは皮膚がんの一種で、「日焼け」のもとであるメラニン色素を作る細胞や、ほくろの細胞ががん化したものです。
 
手のひら、足の裏、顔、お腹、背中など身体のあらゆる場所に発症し、眼球や口の中の粘膜にできることもあります。

かなり性質が悪いメラノーマ

メラノーマの特徴を箇条書きしてみます。
 
結構コワいですよ。

・5年後の生存率が低く、がんの中でも最も悪性といわれる
 
・他のがんより転移しやすく、しかも抗がん剤や放射線治療の効果が少ないので転移し始めると手のつけようがない
 
・欧米では10万人に20~30人の割合で見つかり、発症部位も顔や手足など体の広い部分にわたる
 
・一方、日本人は10万人に1、2人と少なく、発症部位も足の裏や爪などとかなり絞られているしかし、生活の欧米化からか最近では日本でも顔や手足にできる例が目立つようになった
 
・中年以降に新しくできたり、急に大きくなったほくろはメラノーマの疑いあり。形や色が変だったり、出血がみられるほくろも危険。ただ、肉眼で正確に判別するのは難しい

メラノーマの組織検査は、疑われているほくろ全体を切り取って調べます。
 
熟練した医師なら拡大鏡を使った検査で、危険なほくろかどうかを識別できます。
 
メラノーマの病理組織診断―症例検討から学ぶ診断のポイント
メラノーマの病理組織診断―症例検討から学ぶ診断のポイント
 
検査費用は3割負担でも100円以下なので、心配なら迷わず受診しましょう。
 

コメントを残す