食道がん 初期症状や原因 熱い食べ物にも注意

食道がんは、初期にははっきりした症状が感じられず、症状が表れた時には、がんが進行しているケースがほとんどです。
 
食道がんは、食道壁内側の粘膜に発生し、壁外側に向かって広がっていきます。(食道壁は粘膜、粘膜下層、筋層、外膜の4層からなっています)
 

がんが粘膜にとどまるもの、粘膜下層にとどまり、リンパ節転移がないものを早期がん、筋層より外側に達するもの、リンパ節転移があるものを進行がんといいます。
 
 
スープやお茶などを熱いまま飲むと食道に負担がかかり食道がんのリスクが上がることが知られています。伝統的に熱い飲み物をとる地域では食道がんが多いことがわかっています。
 
 
早期に見られる自覚症状で多いものを挙げます。

1 物がつかえる感じがする
2 のどに何かある感じがする
3 胸の奥に不快感を感じる
4 胸の奥に圧迫感がある
5 食物が食道を通るのを感じる
6 ものが飲み込みにくい
7 食べ物が通るときしみる

1が最も多く、早期がん患者の約3分の1が自覚しています。
 
ただし、食道がんの症状ははっきり出ないため、いずれの自覚症状も「という気がする」程度です。
 
 
上のような症状がはっきりと自覚できるようになったら、進行がんまで症状が進んでいることが多いようです。
 
症状がさらに進行すると、食べ物がのどにつかえて通らなくなったり、飲み込んだものをすぐ吐く、胸が痛む、首のリンパ節が腫れる、声がかすれるといったことが起きます。
 
 
こうなる前に、「はっきりしないけど怪しいかな?」という時点で消化器科を受診し、内視鏡検査を受けるなどしましょう。
 
仮に思い過ごしであっても、何も問題はありません。
 

意外と見落とされがち?熱い食べ物と食道がん

「がんの原因」というと、何を連想しますか?
 
まずは何と言ってもタバコ、それから紫外線、ピロリ菌、過度の飲酒・・・といったところでしょうか。
 
これらはガンの要因として知られており、「避けるべき」という認識も広がっています。
 
 
しかし、がんの原因に「熱い食べ物」があるのはあまり知られていないようです。国立がんセンターがまとめた「がん予防のための12ヶ条」の中に
 
「熱い飲食物は最小限。例えば、熱い飲料は冷ましてから飲む」
 
という項目があるのです。
 
 
熱いものを習慣として食べていると、食道がんのリスクを上げてしまいます。
 
関西地方で「茶がゆ」を食べる習慣がある地域の人には、食道がんが多いことがわかっています。熱い「茶がゆ」をサラサラと流し込むように食べると、食道が火傷してしまい、粘膜の細胞が変質するのです。
 
 
熱いものを食べる時は、常温に戻してから口に入れましょう。
 
がんになる人ならない人―科学的根拠に基づくがん予防 (レビューあり)
がんになる人ならない人―科学的根拠に基づくがん予防 (ブルーバックス)
 
ちなみにがん予防の心得として、先ほどの日本版「がん予防のための12ヶ条」の他に、アメリカがん研究所が作成した、国際版「がん予防のための15ヶ条」があります。
 
日本の「12ヶ条」には「熱い食べ物」への警告が挙げられていますが、「15ヶ条」には熱い食べ物への注意は書かれていません。
 
熱いものを食べる習慣は、日本特有のものなのでしょうか?
 


DEMECAL 早期がんリスクチェッカー
「食道がん」と言われたら…―お医者さんの話がよくわかるから安心できる

コメントを残す