宮崎ますみさんの乳がん啓発 定期検診は重要

乳がんへの注意を喚起する、宮崎ますみさんのCMがありました。
 
宮崎さんは05年10月に乳がんと診断され、12月2日に手術を受けています。
 
手術は無事終了し、その後の経過をご自身のホームページで報告されています。
 

日本では乳がんが年々増えており、推定で年間4万人が発症し、05年は1万人が死亡しています。
 
女性の20人に1人がかかる計算になります。
 
 
30歳代から40歳後半という働き盛り・子育て世代に最も多く発症するので、生活への影響は甚大です。
 
しかし早期発見できれば90%以上完治できます。
 
40歳になったら年に一回はマンモグラフイー検査を受けるようにしましょう。
 
 
マンモグラフィーとは、乳房の状態を写すエックス線撮影装置です。乳がんをはじめ乳房にできる病気をほとんど発見できます。
 
触診でもわからない乳がんの初期症状のひとつ、石灰化(砂上の粒)も写し出すことができます。
 
 
こうした検査技術が発達したため、最近は非常に小さながん細胞も発見できるようになりました。
 
・・・しかし、あなたのまわりに「自発的にマンモグラフィーなどの検査を受けた」という女性は何人いるでしょうか?
 
おそらくほとんどいないのでは?
 
DEMECAL(デメカル)女性のための健康チェッカーⅡ(糖尿病+乳がん)
DEMECAL(デメカル)女性のための健康チェッカーⅡ(糖尿病+乳がん)
 
それもそのはず、マンモグラフィ検診を受けている女性の割合は、たったの3%なんです(06年現在)。
 
「20人に1人でガンが発症する」って、かなり高い割合だと思うのは私だけでしょうか。もっと乳がんへの関心は高まっていいはずです。
 
ちなみに乳がんは、子だくさんの女性ほど発症率が低いそうです。
 
 
乳がん検査キット一覧
Amazonへ
楽天市場へ
 
女性用がん総合リスクチェック ヤフーショッピングへ
 
アマゾンの乳がんに関する本一覧

 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す