管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

子宮頸がんの特徴・原因など 症状は?

熊本で発行されているフリーペーパー「すぱいす」に、子宮頸がんについての記事がありました。
 
熊本大学大学院の片渕秀隆教授が子宮頸がんの解説をされていて、わかりやすくまとまっていたのでここで紹介します。

・子宮頸がんは子宮の下三分の一にできるがんで、性交経験のある女性なら誰でもかかる危険性がある
 
・子宮の奥に発生するがんは子宮体がんと呼ばれ、50歳以上の女性に多い
 
・子宮頸がんとは原因、発症しやすい年齢、特徴、治療法も全く違う病気
 
・女性生殖器のがんには膣がん 子宮頸がん 子宮体がん 卵管がん 卵巣がんがある
 
・初期の子宮頸がんは症状が出ないことかほとんど 性交時の出血や、おりものの増加など、症状が出る時には、がんがかなり進行していることもある
 
・発見が遅れた場合、子宮を全摘出しなければいけないこともあるため、妊娠中に子宮頸がんが見つかり、帝王切開による出産と同時に子宮も摘出、というケースもある
 
・子宮を摘出すると、以後の妊娠・出産は当然できなくなる また周囲の臓器やリンパ節に転移している場合は、それらの臓器も一緒に摘出することになる

進行させてしまうと女性の身体・精神に大きな負担になるので、予防・早期発見が何よりも大事です。
 
「子宮頸がん」―経験したからこそ伝えたい!(レビューあり)
「子宮頸がん」―経験したからこそ伝えたい!
 
子宮頸がんの原因のほとんどは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。
 
ただし感染しても、多くの場合でウイルスは自然と体外に排出されるので、子宮頸がんを発症することはまれです。
 
 
また感染後も子宮頸がん発症までには数年かかるため、子宮頸がん検診を定期的に受ければがんになる前の状態で早期に発見し、治療が可能です。
 
検診は5分程度で終わり、痛みもほとんどないため、女性への負担はそれほど重くはありません。
 
 
近年話題になっている予防ワクチンは合計三回の接種が必要で、費用は5~6万円かかります。
 
接種を公費負担する自治体もあるようですが、現時点で子宮頸がんワクチンには以下のような欠点もあります。

・ワクチンを三回とも接種しても、子宮頸がんを予防できる確率は7割ほど
 
・全ての発がん性HPVの感染を防ぐことができるわけではない
 
・すでに感染しているHPVを排除する効果は無い

またネット上では、ワクチンの副作用も取り沙汰されています。
 
ワクチンには一定の効果が期待できるようですが、もうしばらく様子を見つつ、定期的に検診を受けるのを忘れないようにする、というスタンスでも良さそうです。
 

コメントを残す