私の膝痛原因とその対処法 甘いもの食べ過ぎと脚の筋力不足

hizatsuu

私は時々右ひざが痛くなります。
 
膝関節の内側部分にチクチクと刺すような痛みが起きることがあるのです。
 
 
それで病名・原因は何だろう?と自分なりにネットなどで調べてみたのですが、正直言いましてよくわかってません。
 

医師の診察も受けてません。なぜ病院に行かないかというと、いつの間にか治ってしまうからです。
 
「治せるようになったから」というのが正確でしょうか。
 
というのも、膝が痛くなる原因と対策がわかってきたのです。
 
 
私の場合、膝痛が起きる原因は以下の二つです。
 
1 甘いもの(私の場合はチョコレートが多い)を食べ過ぎた時
2 脚の筋力が衰えた時
 
 
1は、時々チョコレートが無性に食べたくなり、その誘惑にあっさり負けてしまったときに起きます。
 
「なんだか膝が痛いな~」と感じて、原因を考えていると「あ、そういえばチョコ食べすぎた」と気付くこと数知れず。
 
 
一番ひどかったときには、膝の関節が分離するような強烈な痛みがはしり、家電量販店の階段で脚が動かなくなったことがあります。痛みがひくまで、階段の途中でじっと耐えたものです。
 
このときはピーナツチョコを大量に食べていました。それ以降は、さすがに食べる量をセーブするようにしています。
 
スポンサーリンク

 
2に関連して私の場合、脚の筋トレをサボる期間が長くなると、痛み始めます。
 
腿の前面の筋肉(大腿四頭筋)だけでなく、腿の背中側の筋肉(大腿二頭筋・ハムストリング)も鍛えたほうが良いようです。
 
 
大リーガーの松井秀喜選手も、ひざ痛を脚の筋トレで克服したそうです。
 
私がひざ痛に有効だと感じる運動を挙げます。
 
・ジムでマシンを使ったレッグエクステンションとレッグカール
・シシースクワット(膝すぐ上の筋肉によく効く、ちょっと変わったスクワット)
・普通のスクワット(普通のスクワットでは、フォームに気をつけないと逆に膝が痛くなることもある)
・空気イス
・水泳のクロール(キックが有効)
 
ひざ痛が起きた場合「安静にする」というのも対処法のひとつなのでしょうが、私個人的には「積極的に動かす」のもアリではないかと考えています。
 
特に筋力不足が疑われる場合は、脚の筋肉を鍛えるのもひとつの手ではないでしょうか。
 
スポンサーリンク

 
※関連コンテンツ
自宅でハムストリングスを鍛える方法を考えてみました 骨粗しょう症対策のための栄養素 チョコレート


N-アセチルグルコサミン+非変性II型コラーゲン
高純度 グルコサミン粒 徳用900粒

コメントを残す