人工股関節手術MISについて 変形性関節症に 費用や入院日数など

股関節の軟骨がすり減ると骨同士が直接ぶつかるようになり、激しい痛みが生じます。安静にしていても痛むこともあるほどです。
 
原因としては関節リュウマチ、大体骨頸部骨折、変形性股関節症などがあります。
 
日本人の場合、臼蓋(大腿骨の骨頭が入る、骨盤側のくぼみ)の形成不全が多くを占めます。
 

変形性股関節症の約9割は先天性脱臼か形成不全によるもので、女性に多く見られます。
 
 
痛みを取るためには、運動療法で筋肉をつける、痛み止めの薬を使うなどの方法を試みますが、改善が見られない場合手術をします。
 
人工股関節を使用しない手術では、関節部の形を修正し、体重のかかり方を変えることで痛みを減らします。軽症で、患者が若い場合に適した手術です。
 
人工股関節を使用する際は、患者が45歳以上かどうかがひとつの目安になります。2000年ごろからは最小侵襲手術(MIS)という方法が人工股関節を埋め込む際に使われています。
 
従来の手術では術後の傷が20センチほど残っていたのですが、MISでは7センチほどしか残りません。
 
また筋肉へのダメージが非常に少なく、回復も早いため早期の退院・社会復帰が可能になります。
 
 
MIS手術は難度が高いため、医師が熟練している必要があるのですが、最近はナビゲーションシステムも発達してきました。MISをより正確に、安全に行えるようになったのです。
 
 
従来の手術では、脚の筋力が回復するまでに一年ほどかかっていたのですが、MISでは術後の筋力低下がなく、手術翌日から筋肉の強化が可能で、トイレも自力で行えます。
 
さらに入院日数は従来100日程だったのが、MISでは長くても2週間ほどです。外国では日帰りの場合もあるそうです。
 
MISでは保険が適用され、3割負担で約80万円かかります。
 

 
人工股関節手術全般にいえる問題点として、術後10年以上たつと骨との間にすき間が出来る場合があります。
 
また術後1年以内に再手術が必要になるケースも0.2~2%あり、その際は少し大きめのものを入れ直す手術を行います。
 
安静にしていても悪化する可能性とは?
股関節の痛みを和らげる正しいトレーニングと指圧も解説
 ↓ ↓ 実践者の体験談もあります ↓ ↓ 
自宅で克服する!股関節症改善DVDプログラム


人工股関節全置換術
人工股関節がよくわかる本―いつまでも元気で歩くために
トータル・ヒップ・ケア 股関節 チームで支える人工股関節全置換術

コメントを残す