骨粗しょう症の症状や予防する食事 アマゾン・楽天市場の検査キットも

05年3月現在、人が寝たきりになる原因として、脳血管障害が39%で一番多く、骨粗しょう症による骨折が18パーセントで第2位になっています。
 
特に多いのが閉経後の女性です。
 
病院にかかる一つの目安として身長の低下があります。
 
両手を広げた長さと身長を比べて、身長が二センチ以上短い場合、骨粗しょう症で背骨がつぶれて身長が低くなっている可能性があります。
 

骨粗しょう症は最初に背骨に影響が出ます。骨がもろくなって体重を支えられなくなり圧迫骨折が起きるのです。
 
しかもこの骨折は、痛みなどの症状が出ないケースが三分の二もあります。つまり気づかないうちに症状が進行するので恐ろしいのです。
 
 
骨量を維持するには、カルシウムと共にビタミンDとビタミンKを積極的にとる必要があります。
 
ビタミンDは吸収されると貯蔵型となり、半分に減るまで4-5週間かかり、長く血液中を循環するので毎日規則正しく摂る必要はありません。
 
ビタミンDはサバ、サンマ、イワシに多く含まれています。
 
 
ビタミンKは骨の形成を促進する作用があり、納豆、キャベツ、小松菜などに豊富に含まれています。
 
こちらのコンテンツもどうぞ
カルシウムの基礎知識
カルシウムの吸収を阻害する栄養素
 
 
骨量を維持するには通常の歩行だけでは不十分でエアロビクスなどの有酸素運動(水泳は除きます。理由は下に)をすることが必要です。
 
一日30分ほどの歩行で関節に屈伸刺激を加えて関節の柔軟性を保ちましょう。
 
 
骨に負荷のかからない水中での運動は骨粗しょう症対策にはなりません。
 
水中にいる時間の長いシンクロナイズドスイミング選手は骨密度が普通の人よりもずっと少ないそうです。
 

 
関連サプリ・食品コンテンツ
カルシウム 明日葉 しいたけ 牛乳 納豆 アカモク


郵送検査キット 骨粗鬆症検査
ボーンアップ 240カプセル
 
Amazonの骨粗しょう症検査キット一覧です
楽天市場の骨粗鬆症検査キット一覧です

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す