アーユルチェアー 猫背の矯正と腰痛対策にも その原理

アーユルチェアーは日本人の身体的特性を考えて設計されています。
 
アーユルチェアーを開発した株式会社トレインによると、
 
「日本人は座骨で座ることを意識すれば、左右バランス良く、背筋を伸ばして座ることができる」
 
のだそうです。
 

ここで言う座骨とは、座ったときに椅子と接触しているお尻の骨の二点を指しています。
 
座骨で座る意識があると姿勢が良くなるだけでなく、歩き方も変わり、腰痛を予防することもできます。
 
 
外国人には「日本人は歩く姿勢が良くない」と見えるのだそうです。
 
日本人は欧米に比べて「背筋を伸ばしていすに座る」という習慣が根付いていないため、どうしても猫背気味になってしまいます。
 
 
猫背気味の姿勢がクセになっているので、そのままの姿勢で歩くのですが、本人は猫背気味であるという意識がありません。
 
 
アーユルチェアーはその「猫背で座る」習慣を改め、「座骨で座って背筋を伸ばす」習慣づけを助けてくれます。
 
猫背は見た目が悪いだけではなく、内臓の不調などの原因にもなりうるので、早めに矯正したいものです。
 
アーユルチェアーが腰痛に効果的な理由
アーユルチェアーが正しい姿勢で座れるワケ
アーユルチェアーのサイトにリンクします。
使用者のコメントも紹介されています。
 

 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す