足裏反射区を見て気付いたこと 片足にしかない反射区など

足裏の刺激が内蔵などの器官を活性化することはよく知られています。
 
健康トピックとしてはやや地味な印象がありますが、「反射区」の分布図を見ていたら「へぇー」と思うことがあったので紹介します。
 

「足裏刺激」は、健康法の中でも最も古くから行われているもののひとつではないでしょうか。
 
「青竹踏み」はまさにそのものですし、私が小学生の頃にはすでに「健康のために裸足で生活しましょう」と言われていました。
 
私は現在でも「とりあえず土踏まずとその周辺」を適当にもむことがあります。
 
 
最近は「リフレクソロジー」という言葉もあり、専門の資格を取得する人も珍しくありません。

足の反射区の特徴 意外と知られていない?

足には「反射区」と呼ばれる箇所が(後述の若石健康法では)64あり、それぞれが特定の器官に対応しています。(ちなみに反射区は足の側面、足の甲にもあります)
 
先日、足裏反射区の分布図を見ていたら、「あ、これは知らなかったな」と気づくことがありました。
 
以下にまとめます。

・肝臓 胆のう 虫垂 上行結腸の反射区は右足にしかない
 
・心臓 脾臓 下行結腸の反射区は左足にしかない
 
・目、耳、鼻といった感覚器のの反射区は左右が逆になる(例 右目の反射区は左足にある)
 
・臓器や筋肉の反射区は左右がそのまま(例 右の腎臓は右足に反射区がある 右の僧坊筋も右足に)

足裏マッサージで最も普及しているのは「若石健康法」ではないでしょうか。
 
スイス人で台湾在住のジョゼフ・オイグスター神父(台湾名 呉若石)が1970年代、自らの足を揉むことで持病のリウマチ・膝関節痛を完治させたことから始まった健康法です。
 
若石健康法
http://www.jakuseki.jp/f-intro.html
 
 
オイグスター神父が紹介した足裏健康法は、台湾で大ブームになりました。
 
次のページへ続きます。


健康ボード
健康ボード
 
「足裏(健康)」で検索した一覧です。
楽天市場へ
アマゾンへ
ヤフーショッピングへ
 

コメントを残す