「昔より太ったからとにかくやせる」は正しいか?

Woman Standing on Scale

ある程度の年齢になると「学生時代に穿いていたジーパンが入らない」「ワンピースが着れなくなった」といった悩みがしばしば話題になります。
 
 
健康トピックに敏感な方なら、
 
「若い頃より体重が○○kg増えたら健康を害するおそれが云々・・・」
 
といった記事を読んだ経験があるのではないでしょうか。
 
 
多くは、生活習慣病のリスク上昇を理由として挙げてあるようです。
 
健康維持に加えて「昔の服を再び着られるように!」とダイエットを始める話もよく耳にします。
 
 
現在はネガティブなイメージしかない”年齢を重ねてからの体重増加”ですが、
 
20歳からの変化では、「太る」よりも「やせる」ほうが危険
 
という研究結果があるそうです。
 

雑誌「週刊新潮」に、「『貧しい食事』を有難がる日本人」という記事がありました。東大病院放射線科准教授・中川恵一さんのエッセイです。
 
この中で、厚生労働省研究班の調査結果が紹介されています。
 
 
全国40~69歳の男女約9万人に20歳からの体重変化を尋ね、その回答によって
 
1 5kg以上減少
2 5kg以上増加
3 体重変化5kg未満
 
の3グループに分けました。
 
 
その後約13年間各グループを追跡調査し、総死亡数やがんによる死亡数を調べました。
 
その結果、どの年齢でも、5kg以上の体重減少グループは総死亡率が高かった一方、5kg以上の体重増加グループでは死亡率上昇は認められませんでした。
 
 
そして、20歳からの体重変化が5kg未満の群を基準として、
 
5kg以上減少
5kg以上増加
 
の各群の死亡リスクを調べたところ、
 
男性の5kg以上減少群では総死亡率が1.44倍まで上昇しましたが、5kg以上増加群のリスクは0.89倍でした。
 
がん死亡についても、40歳代、50歳代、60歳代では体重減少の群で死亡リスクが上昇していました。
 
その健康法では「早死に」する これが高須式[若返る]食べ方・生き方
その健康法では「早死に」する これが高須式[若返る]食べ方・生き方 (扶桑社BOOKS)
 
つまり、「痩せすぎ」が「太りすぎ」より、「昔よりやせた」が「昔より太った」ほうがリスクは大きいのです。
 
時々目にする「年をとったらちょいポチャ」推奨の根拠のひとつはコレですね。
 
 
ある程度の年齢に達したら、生活習慣病を防ぐ目的で「粗食」や菜食メインの食事を始める人がいます。
 
そうした食事のひとつに、マクロビオティックがあります。
 
 
中川准教授は、健康志向(というよりもダイエット志向?)の高い人に流行しているマクロビオティックを「貧しい食事」としています。
 
確かにやせるのかもしれませんが、健康長寿はのぞめない食事なのだとか。
 
 
もっとも強調すべきなのは、動物性タンパク質が不足している点です。マクロビでは、植物性たんぱく質を重視します。
 
 
私のメルマガやサイトでは何度か記事にしたように、動物性タンパク質は健康長寿を保つキモと考えられる栄養素です。
 
 
加えてマクロビでは、アンチエイジングのキモ(だと私が考えている)玉子も食べません。(「できるだけ食べない」がより正確でしょうか?)
 
(参考)
マクロビオティックの食事ガイドライン
http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/guideline.html
 
 
一応念をおしておくと、マクロビオティックを否定するわけではありません。参考にするべき点はたくさんあります。実際に私も、マクロビ的な食事は意識していますし。
 
 
ただ、いろいろな考え方や研究結果などを勘案し、マクロビをさらに改善できる(であろう)方法があれば、採用するべきではないでしょうか。
 
私としては、マクロビの食事に動物性たんぱく質を加えれば、なかなかイイ感じになると考えています。
 
(ちなみに、一日あたりのたんぱく質の必要量は20歳でも80歳でもほとんど変わらないそうです)
 
タンパク質とからだ – 基礎から病気の予防・治療まで(カテゴリ別ベストセラー1位獲得!)
タンパク質とからだ - 基礎から病気の予防・治療まで (中公新書)
 
私も立派な中年なので、中年太りには気をつけなくてはいけませんが、だからといって極端な「粗食」で体重を減らさなくてもいいのかな、と感じます。
 
 
世の中は何かと「やせろ!」という風潮がありますが、とにかくやせればいい、というわけではないことも意識しておくべきではないでしょうか。
 
 
雑誌「週刊新潮 2014年 10/30号100ページを参考にしました。
 
スポンサーリンク

コメントを残す