寒天入りご飯でダイエット 炊き方や効果

少し前に、寒天を使ったダイエットが流行しました。
 
いま考えれば、最近流行っている「糖の急激な吸収を抑える食物繊維入り食品」のはしりだったのではないでしょうか。
 
食前に寒天ゼリーを食べる、セオリー(?)どおりの使い方だけでなく、寒天をお米に混ぜて一緒に炊いてもOKです。
 

炊き方も極めて簡単で、白米3合を研いで、炊く前に粉寒天を2g入れ、軽くかき混ぜて炊くだけ。炊けたら、普通に食べて問題ありません。普通のご飯とほとんど同じですね。
 
これだけでダイエット効果、血中コレステロールを低下させるなど様々な効果があります。
 
また寒天は保水力が非常に高いため、満腹感を得やすく、食べ過ぎの防止につながります。
 
 
寒天はほとんどが食物繊維でできています。
 
よく知られているように、食物繊維は腸の中で糖や脂肪の吸収を抑え、血圧を下げる、コレステロールを下げるといった効果があります。
 
国産粉末寒天250g(レビュー多数あり)
国産粉末寒天250g
 
粉寒天はいろんな食べ物にまぜて手軽に摂取できるのですが、それだけにとりすぎには気をつけなくてはいけません。
 
「痩せたい!」と強く思うあまり、寒天を一度に大量に摂取すると、便秘や下痢の原因になってしまいます。
 
 
また、「寒天を使ってるから少しくらい食べ過ぎてもいいだろ」というのもダメですし、ダイエットには適度な運動も欠かせません。
 
特に女性の場合、ある程度は筋肉をつける意識も必要ではないでしょうか。
 
女性は筋肉がつくことを嫌う傾向がありますが、私はある程度の筋肉はあるほうがメリットが大きいと考えています。
 
特に体の冷えや脚のむくみなどで悩んでいる場合は積極的に筋肉トレーニングなどを実践してみてはいかがでしょうか。
 
ダイエット効果と共に、冷えやむくみも改善してくれます。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す