寒天ダイエットのやり方 摂取量や注意点など

寒天ダイエットは05年に大流行しました。
 
食事にまぜるだけ、といった手軽さや、効果もかなり期待できるとあって、メディアの報道も盛んでした。
 
ここではおさらいの意味もかねて、簡単なやり方と注意点を紹介します。
 

寒天ダイエットのさきがけとなった、横浜市立大医学部の栃久保(とちくぼ)修教授によると、寒天ダイエットとは
 
「粉寒天にして3gほど入ったゼリーなどの食品を毎日、夕食前に食べる」
 
のが効果的なのだそうです。
 
 
寒天は食物繊維が豊富なので、食前に食べると食後の血糖値上昇をゆるやかにしてくれます。
 
 
「それなら、寒天をたくさんとるほどいいだろう」と考えそうですが、これはダメです。10g以上の寒天を一度に口にしてはいけません。
 
寒天を過剰に摂取するとおなかが張って、下痢や便秘の原因になってしまいます。
 
便通を促すはずの寒天で、便秘になっては何のために飲んでいるのかわかりません。
 
 
また、寒天を使う時は必ずしっかり煮溶かさないといけません。
 
糸や棒タイプの寒天は形がなくなるので分かりやすいですが、粉タイプはわかりにくいため、沸騰した状態で1分半から2分は煮るようにしましょう。
 


メタボリック寒天ダイエット
高純度 粉寒天 1kg
 
ダイエットサポート

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す