糖尿病と歯周病 免疫力低下により お互いを悪化させる

糖尿病患者の約8割に歯周病の症状があり、その症状の大半は歯周炎の段階まで進んでいます。
 
軽度の歯肉炎だった人が糖尿病を発症すると、歯周病の症状が急激に悪化することもあります。

 
糖尿病になると免疫機能が低下し、唾液が出にくくなって口が乾燥するため口中細菌が繁殖しやすい環境に変わってしまいます。
 
また高血糖の影響で歯周細胞の活性が低下しているので炎症を起こしやすいのです。
 
 
空腹時血糖値(100ccあたりミリグラム)が200を超えたり、過去数ヶ月の平均的な血糖の状態を反映する指標「ヘモグロビンA1c」の値が8%を超えると歯周病が急速に悪化すると言われています。
 
 
逆に、歯周病が糖尿病に悪影響をおよぼすこともわかってきました。
 
 
歯周病を引き起こす細菌が歯周組織から血管に入り込むと、血液中に「TNFα」と呼ばれる物質が放出されます。これはインスリンの働きを妨げる作用を持っているので糖尿病を悪化させてしまうのです。
 
糖尿病患者の歯周病を治療したら、血糖値が落ち着いたという症例も報告されています。
 
 
糖尿病を予防するには食生活やアルコールの摂取量に注意することももちろん大事ですが、歯周病の早期治療も非常に重要なのです。
 
 
関連コンテンツ
オクラ シークァーサー
 
 
薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金


歯周病専門医が教える糖尿病がよくなるとっておきの方法
歯周病予防と口腔ケア 放っておくと糖尿病、心筋梗塞の元凶に ホーム・メディカ・ブックス・ビジュアル版

コメントを残す