むずむず足症候群の原因や症状 対処法は

むずむず脚症候群では、寝入りばななどで太ももやふくらはぎに不快な感覚が継続して発生します。
 
「虫がはってているような」「むずがゆい」「何かでなぞられているような」といった感覚が特徴です。

チェック項目や特徴 治療法

チェック項目としては次のようなものがあります。

・下肢のムズムズする不快感と共に、脚を動かしたくてたまらなくなる
・脚をじっとさせていると動かしたくなる欲求が強く起こる
・その欲求は、実際に動かすとやわらぐ

症状が起きるのは夕方から夜間で、症状が強く出るむずむず脚症候群は、不眠の原因になります。
 
日中でも不快になるケースがあり、重症になるとイスに座れず、立ったままの生活を余儀なくされることもあります。
 
 
足を動かすと楽になることから、貧乏ゆすりと混同されることもあります。
 
上司との会話中に貧乏ゆすり(このケースではむずむず脚症候群が原因)が止まらず、態度が悪いと会社をクビになったケースまであるそうです。
 
 
また、子供にも発症するので、夜間は寝相が悪い、昼間は落ち着きが無い子供と判断されることもあります。
 
 
病気に関しては詳しいことはわかっていません。
 
04年の欧米の調査では人口の2.5~15%の有病率が報告され、日本では1~5%ほどの有病率と考えられています。
 
以前は65歳以上の高齢者、人工透析を受けている人、妊娠中の女性、鉄欠乏性の貧血の若い女性に多いとされていましたが、最近は発症する人の裾野は広がっています。
 
07年現在のところ根本的な治療法はなく、薬物による対症療法が主になります。
 
ベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬や、パーキンソン病治療に使う「プラミペキソール」などの効果が認められ、06年に米国で追加適応の承認を受けています。
 
その他の対処法としてアルコールを控える、規則正しい生活を心がけ睡眠を十分にとる、ストレスを減らすといったことで症状をある程度軽減できるとされています。
 

コメントを残す