フォアフット走法のやり方や注意点 田中宏暁氏 「ランナーズ」から

近年は市民ランナーの数が増え、フルマラソンに挑戦する人も少なくありません。
 
冬の終わりごろから春にかけては各地でご当地マラソンも開催されています。
 
2011年ごろから注目されている「フォアフット走法(つま先着地走法)」はご存知でしょうか?
 
従来のランニングの「常識」とは少し違う走り方で、マスターすれば記録が伸びるだけでなく、故障も少なくなるそうです。市民ランナーでも実践者が少しずつ増えているのだとか。
 
雑誌「ランナーズ」の記事を参考に、このコンテンツではフォアフット走法のさわりを紹介します。


 
フォアフット走法(以下 F走法と略)の最大の特徴は
 

「かかとからではなく、前足部(つま先側・フォアフット)から着地する」

 
ことにあります。
 
従来の走り方は、かかとから着地するたびにゴツンとブレーキをかけた後、前足部で地面を蹴って前進していました。エネルギーの無駄が生じているのです。
 
 
F走法では前足部だけで走るため、「かかとブレーキ」がかかりません。運動効率が良いため、長距離をよりラクに、速く走れるようになるのです。
 
しかも、正しいF走法であれば故障リスクも少なくなるそうです。
 
 
F走法はどれほどスゴいのでしょうか?
 
2011年9月のベルリンマラソンで、2時間3分38秒の世界記録を出したケニアのパトリック・マカウ選手の走りはF走法です。
 
 
また、F走法指導の第一人者である、福岡大学スポーツ科学部の田中宏暁(たなか ひろあき)教授は、50歳でフルマラソン2時間38分48秒(←!!)の自己ベスト記録を持っています。
 
 
田中教授によると、「意識と根気さえあれば、どんなビギナーランナーでもできるようになる」そうです。
 
 
それでは、具体的にどうすればF走法で走れるのでしょうか?
 
まずは注意点を。
 
 
上で「つま先側で接地する」と書きましたが、もちろん「つま先」で着地するわけではありません。
 
 
正確には、
 
拇指球と小指球を結んだライン上、いわゆる「中足部」で着地
 
します。
 
 
ここで、雑誌「ランナーズ」2011年12月号36~39ページから、ファオフット走法を実践したランナーのコメントを紹介します。

■フォアフット走法は、ブレーキがかからないためかペースの上下動が少ないので、1度ペースを決めてしまえば自然とイーブンで走れるのがメリット
 
■明らかな変化は、マラソン終盤でふくらはぎがつらなくなったこと。かかと着地の頃は、毎度のごとく35km付近で軽いけいれんを起こしていたのですが、それがなくなりました
 
■フォアフットは弾む感覚を身につけやすく、併せて筋力トレーニングやジャンプ系のトレーニングを行うことで、ストライドが伸びてランニングエコノミーの改善につながりました。
 
■平地でのジョグであっても、上り坂を走ったときのように、お尻やハムストリングスにしっかりと筋肉疲労が残る
 
■1度ペースをつかむとイーブンを楽にキープでき、「どこまでも走っていけそう」な感覚で飛ばしていたのだが、20kmを過ぎたあたりから急に、お尻や脚にまったく力が入らなくなってしまった。
 
(中略)
 
私の場合、フォアフット走法では「あなたの実力だと、ここまで!」といった感じで、突然、終わりが訪れた。
 
 
■フォアフット走法で行けるところまで走って、力尽きたら、シューズのかかとの衝撃吸収機能の助けを借りつつ粘るのが最近の私の作戦。

フォアフット走法に興味のある方には参考になるのではないでしょうか。
 
 
※参考コンテンツ
フルマラソンのために減量!マイクロダイエット体験談紹介
マラソン 膝を傷めず走るには?実演解説DVD(外部リンク)
 
次のページへ続きます。


(高評価です!)スロージョギング入門 田中宏暁著 (PHP文庫)
裸足ランニング―世界初!ベアフット・ランナーの実用書 (ランニングBOOK)

コメントを残す