このサイトでは、元気なご長寿さんをこれまで何度か紹介しています。
 
このコンテンツで紹介する男性は(おそらく)その全てを凌駕するスゴさです!
 
私はビックリしました。
 
このスーパーおじいちゃんが健康寿命を保つ上で最も重視していることとは?

そろそろ本格的なランニングシーズンなので、タイムリーな話題でもあるのではないでしょうか。
 
ランナーズ2017年07月号8~9ページを参考にしました)

超パワフルおじいちゃん・上野山さん

和歌山県にお住まいの上野山馨さんは、2016年11月の神戸マラソンに参加し、6時間34分36秒で完走しました。
 
マラソンに本格的に取り組んでいる方からすれば、とんでもなく良い記録というわけではないかもしれません。
 
しかしこの時のお歳はなんと・・・
 
 
91歳です。(゚ロ゚;)
 
 
上野山さんは、91歳の部でランキング1位のランナーなのです。
 
上野山さんが走り始めたのは、薬剤師として病院に勤務していた45歳のとき。運動不足解消のため、マージャンの時間をランニングに置き換えたのがきっかけです。
 
50歳で和歌山の健康マラソン(5km)に出場し、レースデビュー。
 
57歳で定年を迎えてからはランニングに没頭し、60歳の時に1周2813mの大阪長居公園を15周するマラソンイベントで初めて42.195kmを走ります。
 
同年12月のホノルルマラソンは3時間50分で完走。さらに63歳でウルトラマラソンに初挑戦し、12時間21分51秒でこちらも完走。
 
75歳までは月間600kmほど走っていました。
 
76歳の福知山マラソンで初の年代別1位を獲得し、81歳では念願のフルマラソン1歳刻みランキングの1位に。
 
これだけでも十分スゴイのですが、上野山さんの日常生活がまた強烈です。

驚異のトレーニング!

上野山さんは毎朝1時に起床し、2時から3時間走ります。
 
5時頃帰宅してシャワーを浴び、ご飯、洗濯を済ませると、両足に1.5kgの重りをつけて左右6千回のもも上げを開始します。
 
(レース前にはその数は3万回になり、さらに毎週日曜日の40km走がメニューに追加されます)
 
少し休んだら、必要に応じて8時からみかん畑で農作業を始めます。収穫から荷積み、出荷まで一連の作業は自分で行います。
 
収穫に使うカゴが一杯になると約10kg、コンテナは約30kgにもなりますが、多いときで1日30ものコンテナを出荷します。
 
上野山さんいわく「いい基礎トレーニング」だそうですが、収穫の最盛期は10月~11月で、マラソンシーズンと重なってしまうため「クタクタになる」のだとか。

心身健康維持の秘訣

上野山さんが健康寿命を保つうえで何より大事と考えているのは「気力の充実」です。少し風邪気味でも休まずに走ります。
 
「この歳になると、ちょっとしたことで『身体を大事にせぇ』とか『無理はせんとけ』と言われるけど、心も身体もまだまだ鍛えられるんです。
 
そんなの真に受けて、少々の風邪くらいで家で小さくなっていたらダメ。歳をとればとるほど、気力が大事。走っていたら、咳をする暇だってありはしませんから」
 

 
走る以外でも心身を健全に保つ努力を怠りません。
 
そのひとつが、ランニングクラブや大会参加を通じて若い人とつきあうこと
 
もうひとつが、定期的に一人で電車を乗り継いで大阪に足を運び、街の空気に触れることです。
 
「どんなに体力があっても、ボケてしまったら終わり。それには時代に取り残されたらダメ。
 
時間があるからといって、暇を持て余してゴロゴロするのは勿体無いし、晩年を施設で過ごすなどもってのほか。
 
起きている時間は精一杯人の倍動いて、人生を2倍謳歌するんです」
 
上野山さんは1年に1度、ランニングウェア一式を新調します。キャップにはモットーである「丈夫で長生き」を前面に、「健康一番」を後面に書いています。
 
 
毎日もも上げ6千回ですよ!
 
1回1秒でも6千秒=100分=1時間40分かかります。
 
上野山さんは間違いなく私よりも体力あります!(断言)
 
「筋トレサボりがち」「涼しくなったから筋トレやろう」なんて言ってる場合じゃありませんね・・・。上野山さんを見習って、私も積極的に体を動かすよう心がけます。