セレンの効果や特徴 がん抑制・抗酸化作用 摂取上限は

セレンは必須ミネラルのひとつで、微量ながらも身体に欠かせない栄養素のひとつです。
 
カルシウムやカリウムなど、他のミネラルに比べるといまひとつ地味な印象がありますが、セレンの持つ効果はなかなか大きいものがあります。
 
セレンの最も大きな特徴はがん抑制作用を持っていることではないでしょうか。
 

ビタミン類ならともかく、カルシウムやカリウムといったミネラル類で「がん抑制効果が期待できる云々」という話はあまり聞いたことがありません。
 
 
セレンは「がん予防効果を持つミネラル」として、珍しい存在なのです。
 
 
がん全般に対して有効なようですが、中でも前立腺がん、大腸がん、肺がんには特に効果的と考えられています。
 
セレンの効果としてもうひとつ注目すべきなのは、上のがん抑制とも関わっている抗酸化作用でしょう。これもミネラルには珍しいと言えそうです。
 
セレンの抗酸化作用は、ビタミンEと一緒になることでさらに強くなることがわかっています。
 
 
セレンを多く含む食品には
 
玉ねぎ ブロッコリー ニンニク 魚介類 玄米 ごま 小麦胚芽
 
といったものがあります。
 
魚を食べなくなった現代の日本人はセレンが不足気味という報告もあります。
 
セレンのサプリメントも販売されていますが、過剰摂取は身体に良くありません。一日の摂取上限は200マイクログラムが目安になります。
 

コメントを残す