アブラナ科野菜の抗がん作用 ブロッコリーを生で食べてみました

このサイトでは、アブラナ科の野菜についてしばしば言及しています。
 
アブラナ科の野菜といえば、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ケールなどであり、個人的に特に注目しています。
 
というのも、アブラナ科の野菜は抗がん作用が強い野なのです。
 
いうまでもなくガンは、日本人の死因のトップに挙げられます。がんを防ぐ作用が強い食品に関しては、誰もが少なからず気になるのではないでしょうか。
 

米国ロズウェルパークがん研究所のリ・タン博士の研究チームは、アブラナ科の野菜と肺がんリスクの関連について調査しています。
 
研究チームは肺がんの患者948人と、肺がんではない人1743人の喫煙歴や野菜および果物の摂取量を調査しました。
 
 
その結果、喫煙者でもアブラナ科の野菜をたくさん食べていると肺がんリスクが低下していたのです。この傾向は「元喫煙者」だと特に顕著でした。
 
いつでも野菜を (レビューあり)
いつでも野菜を (オレンジページブックス)
 
なお、この調査で最もよく食べられていたアブラナ科の野菜はブロッコリー、キャベツ、カリフラワーでした。
 
抗がん作用は、野菜に含まれている「イソチオシアン酸」という成分によると考えられています。
 
アブラナ科の野菜には、イソチオシアン酸を活性化する酵素が含まれていて、この酵素は加熱されると壊れてしまいます。
 
そのため、こうした野菜を摂取する際はできるだけ生の状態で食べるのが良いでしょう。(下の記事もご覧下さい)
 
日本で生で食べられるアブラナ科の野菜といえば、キャベツが最も一般的ではないでしょうか。
 
 
あまりにも身近な野菜で”ありがたみ”を感じないかもしれませんが、実は日本人が一番食べるべき野菜なのかもしれません。
 
楽天の食品カテゴリーを「アブラナ科」で検索しました
 

ブロッコリーを生で食べてみた 感想は・・・

少し前までは、カロテン類を摂取するため、ちょっと油を使って野菜の加熱調理をよく行っていたのですが、このところ「野菜を生で食べる」ことに注目しております。
 
「野菜によっては、生で食べる方が圧倒的に栄養効率が良いのでは?」と考えるようになってきたからです。
 
上の記事で「アブラナ科の野菜は加熱調理しないほうが良い」とお知らせしました。
 
 
そこで先日、買い物する用事があったので、ブロッコリーを買ってみました。
 
ブロッコリーはアブラナ科野菜の代表格みたいなもので、抗がん作用も強い、という研究結果もあったと記憶しています。
 
ここで私はふと
 
ブロッコリーも生で食べた方がいいのか?
 
と思い当たりました。
 
ネットで調べてみると、アメリカではブロッコリーって生で食べることが多いのだとか。日本では、ブロッコリーを生で食べるケースはほとんどありませんよね?
 
私もかなり抵抗を感じました。
 
 
さすがに全部は生で食べきれないし、劣化するので1/3だけ生で残し、あとは火を通しました。
 
生で残したブロッコリーを小さめに切り、塩・酢・しょう油・かつお節でテキトーに味付けしてみました。
 
そして生で食べてみたら・・・
私の感想を挙げてみます。
 
・食べられないことはない
・やや青臭い
・独特の苦味(渋味?)がある(これがイソチオシアン酸?)
・先端部分は青臭みが強い
・反面、茎部分はクセがなく、生でも問題なし

 
「独特の苦味」は、キャベツを食べた時にも感じる味です。ゆでたブロッコリーだと感じにくいですが、生だとかなりよくわかります。
 
いいことずくめのブロッコリー―解毒、若返り、ダイエットにいい! (レビューあり)
いいことずくめのブロッコリー―解毒、若返り、ダイエットにいい! (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)
 
今のところの生で食べた結論は・・・
 
 
ゆでて食べた方が10倍は美味しい
 
 
というものです・・・orz
生の方が栄養価が高そうですが、いかんせん味が・・・(´Д`)
 
 
機会があったらお試しあれ。
 
あ、ちなみにブロッコリーは重曹の水溶液でよく洗い、農薬対策をしてから食べました。念のため。
 

キャベツを生で食べてみて 調理法の迷いや唾液

上の記事では、生のブロッコリーはイマイチだった件をお知らせしました。
 
しかし、「イソチオシアン酸を含むアブラナ科の野菜を生で食べる」ことにハマりかけている私は、次の標的にキャベツを選びました。
 
キャベツを生で食べるのはごく一般的なことですし、私も全く抵抗無く食べられました。
 
私が「イソチオシアン酸成分じゃないかな?」と勝手に思っている味もしっかり感じ取ることができました。
 
いいことずくめのキャベツレシピ―肥満解消、胃腸、美肌にいい! ストレスへの抵抗力がつく(レビューあり)
いいことずくめのキャベツレシピ―肥満解消、胃腸、美肌にいい! ストレスへの抵抗力がつく (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)
 
ところで、ネットで「キャベツ 栄養」と検索してみると、
 
「蒸すのが良い」
「ヨーロッパの調理法によると、キャベツは中途半端に火を通さない。生はもちろんダメ」

 
なんて意見があります。
 
 
こういうのを見ると、どうやって食べるのが良いのか?と迷うところですが、私としては生で食べる回数を増やしてみようと思います。
 
飽きたら食べる回数があからさまに減るおそれがありますが。
 
 
あと、キャベツを食べて気付いたこととして、
 
キャベツを噛むと唾液がムチャクチャ出ませんか?
 
食べる時にかけたポン酢が原因かもしれませんが、とにかく唾液を出すトレーニングとしてもかなり優秀なのでは?と感じました。
 
 
噛む回数も増えますし。
 
ちなみにキャベツは芯周辺にビタミンCが多いそうです。
 

コメントを残す