管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

肝炎(A・B・C・E型)感染経路や症状の違い

日本で主に話題になる急性肝炎にはA型、B型、C型およびE型があり、A型肝炎は慢性化せず、B型肝炎も成人になってからの感染は慢性にはなりません。
 
C型肝炎は初期症状は軽いことが多く、自覚症状が無いケースもあります。
 
しかしC型肝炎は高率で慢性化するので、早期の治療が重要です。
 

A型肝炎はA型肝炎ウイルスに汚染された水や食物を摂取することにより経口感染します。
 
4週間ほどの潜伏期間を経て、のどの痛み、関節痛、発熱などのカゼに似た症状が出た後、倦怠感、嘔吐、食欲不振、黄疸などを発症します。
 
 
B型肝炎はB型肝炎ウイルスを保有する人の血液や体液を介して感染します。4~24週間の潜伏期間の後、発熱、関節痛、筋肉痛、発疹、黄疸などを発症します。
 
 
C型肝炎はC型肝炎ウイルスを保有する人の血液、体液を介して感染します。潜伏期間は4~16週です。
 
食欲不振、発熱、倦怠感、黄疸などを発症しますが、前述のように症状に気付かないこともあります。
 
 
C型肝炎が怖いのは、肝炎から肝硬変、さらには肝がんへと進行することです。
 
肝がん発症者の8割はC型肝炎ウイルスの感染者という統計もあります。
 
 
現在感染者数は150~200万人と言われており、「国内最大の感染症」と呼ばれることもあります。
 

 
C型肝炎ウイルスは、
 
・以前に輸血を受けた時、その血液がウイルスに感染していた
 
・昔は予防接種で注射針を使い回ししていたため、その針が感染していた

 
といった原因で感染が広がっています。
 
 
こうした不手際が起きたのは、C型肝炎ウイルス自体への理解がまだ深まっていなかったためです。
 
 
C型肝炎にかかっている可能性のある人の条件は以下のとおりです。

・2009年時点で40歳以上である(これが大前提になります)
 
・BCGやツベルクリン検査などの予防接種を昔受けたことがある
 
・1994年以前にフィブリノゲン製剤、1988年以前に血液凝固因子剤を使用したことがある
 
・1992年以前に輸血を受けたことがある
 
・臓器移植など大きな手術を受けた経験がある
 
・非衛生的な環境で入れ墨、ピアスの穴あけをしたことがある
 
・薬物乱用者である

作詞家の湯川れい子さんがC型肝炎になったのも、20代での輸血が原因と考えられています。
 
 
現在では手術および献血・輸血時の衛生管理が徹底しているため、感染の可能性はまずありません。
 
感染者が家族にいても普段の生活で感染の可能性はほとんどなく、入浴場の共用、握手などもOKです。
 
 
注意するべき行動としては
 
・食べ物の口移し
・カミソリや歯ブラシの共用
・性行為(感染はきわめてまれ)

 
があります。
 
母子感染の確率も非常に低く、父親が感染者であっても子供に遺伝することはありません。
 
 
C型肝炎は全国の保健所や指定医療機関で無料検査が実施されています。「もしかしたら?」と不安に感じたら一度検査を受けてみてはいかがでしょうか。
 
早期に発見できるほど治療効果も高くなり、治療には助成制度もあります。肝炎の治療効果は近年高まっており、先述の湯川さんも完治させています。
 

 
上の三つの型に比べると目にする頻度は少ないですが、肝炎にはE型もあります。
 
E型肝炎の日本での主な感染源は、イノシシやシカといった野生動物の生肉や、市場で流通している生の豚肉や豚レバーなどです。
 
これらの肉類に含まれるE型肝炎ウイルスが経口感染するのです。
 
 
日本での感染者は50~60歳代が多く、女性より男性の感染率が高くなっています。
 
海外では汚染された飲料水や、カキやカニなどの海産物が主な感染源です。
 
発展途上国での流行が多く、東南アジア、アフリカ、インドなど暑い気候の地域では一般的な感染症です。
 
 
雨が大量に降った後に、飲用水の汚染が広がり流行することもあります。
 
そのため給水・貯水施設に溜められた水を塩素消毒するなどの対策がとられていますが、資金不足などの理由から思うように進捗していません。
 
 
E型肝炎は六週間ほどの潜伏期間を経て、食欲不振、倦怠感、黄疸などが発症します。
 
約1ヶ月で完治し、慢性化することはありませんが、ごくまれに症状が重篤化して死に至ることがあります。特に妊娠中は注意が必要で、妊娠時の感染は致死率が20~30%にまで上昇します。
 
 
対策としては、上記のような肉類を食べる際に十分に火を通すことです。E型肝炎ウイルスは熱に弱いので、いわゆる「生焼け」ではなく、中心部分までしっかり火を通しましょう。
 
生肉と加熱済みの肉を扱う箸・容器類は区別して使わなければいけません。
 

コメントを残す