ランナーは泳ぐべし? 肩甲骨の動き 青山剛さん

このコンテンツをエントリーしているのは夏真っ盛りなのですが、早朝や夜にはランニングする人を目にします。
 
ご当地マラソンも盛んに開催されるようになり、市民ランナーの数も多くなりました。
 
フリーマガジン「LIVE」のvol.35に、プロトレーナーの青山剛さんの「ランナーが水泳をするとパフォーマンスの向上に役立つ」という記事がありました。以下に記事のポイントをまとめます。
 

ランナーが泳ぐことで得られるおもなメリットは次の三点です。
 
1 肩甲骨の柔軟性を高められる
 
ランニングにおいて肩甲骨が正しく動くと、連動して骨盤も動くので、ランニングフォームも正しくなります。
 
またクロールでも肩甲骨を使って泳がないと「手かき」になってしまい、長距離を泳ぐのは困難です。
 
肩甲骨を意識してクロールすることで、ランニングでも肩甲骨の動きをつかみやすくなります。
 
ただし、適切な泳法の指導を受け、肩甲骨の正しい動かし方を身につける必要があります。
 
 
2 ランニング後の疲労回復に役立つ
 
水中での運動は陸上よりも血液循環が良くなるので、疲労物質の代謝が促進されます。
 
バタ足するだけでも脚のマッサージ効果があり、クールダウンにもなります。プロのアスリートでも、走った後にひと泳ぎする人は多いそうです。
 
10~15分泳ぐだけでもOKです。
 
 
3 水泳により全身を満遍なく動かしケガを予防する
 
ランニングは、膝など特定部位のオーバーユースによるケガが発生しやすい運動です。
 
そこで全身運動である水泳を行うことで、身体を満遍なく鍛えられ、運動する部位のバランスが整います。結果的にケガの予防につながるのです。
 
走れるカラダになる 体幹「3S」メソッド (レビュー多数あり)
走れるカラダになる 体幹「3S」メソッド (日文実用PLUS)
 
ランナーにメリットの多い水泳ですが、走ってすぐ泳ぐと脚にけいれんを起こす可能性があります。
 
(走った後すぐ泳げる環境は少ないと思いますが)走った後は10分程度休憩してから泳ぐようにしましょう。
 
青山剛さんの著作など 楽天市場での一覧です
 

コメントを残す