「あ、安部礼司」ランニング消費カロリー計算法 その他の運動も

2011年6月19日の日曜日、FMラジオで「あ、安部礼司」を聞いていたら、「ランニングで消費するカロリーの簡単な算出法」が紹介されていました。
 
その数式は
 
消費カロリー(kcal)=体重(kg)×走る距離(km)
 
です。
 
体重60kgの人が、5km走ると300kcal 消費するわけです。
 

人気のある番組なので、聞いた方も多いのではないでしょうか。
 
 
おぉ!これはわかりやすい!と私も軽く感動したのですが、ここでふと疑問が湧きました。
 
果たしてどれくらいのペースで走った時に使えるのだろうか?と。
 
 
同じ距離でも、走るペースで消費カロリーは変化するため、これだけではややアバウト過ぎます。
 
ということで、この数式をもう少し検証してみました。
 
 
こちらをどうぞ
 
痛風対策講座
運動のタイプ別消費カロリー一覧
http://tufu.m2-navi.com/curing/exercise.htm
 
この中に次のような数値があります。

ジョギング(100m/分)を1時間行った時つまり、6km走った際の消費カロリー
男性 60kg 510kcal  70kg 600kcal
女性 50kg 420kcal  60kg 500kcal
 
ランニング(200m/分)を1時間行った時つまり、12km走った際の消費カロリー
男性 60kg 720kcal  70kg 840kcal
女性 50kg 590kcal  60kg 700kcal

冒頭の
 
消費カロリー(kcal)=体重(kg)×走る距離(km)
 
に近いのは、後者(200m/分)ですね。
 
ということは、安部さんが言った数式は、
 
(およそ)1分200mのペースで走るランニングに適用できる
 
と言えそうです。
 

 
この計算法は、目安としてとてもわかりやすく、「今回はこれだけカロリーを消費した」と意識しやすくなります。
 
ランニングの際は、この数式でちょっと計算してみると、モチベーションも上がるのではないでしょうか。
 
 
さて、この安部さんの数式から連想して、自分の体重から、運動別に消費カロリーの目安を計算できないかな?と考えてみました。
 
すると、何となくそれらしいのができたので紹介してみます。
 
先ほどの消費カロリー一覧を参考にしています。
 
あくまで概算なので「だいたいこれくらい」という目安にして下さい。同じ体重でも、女性は男性より消費カロリー量が少なくなるケースがあります。
 
全て1時間あたりの消費カロリー(kcal)です。

・ウォーキング(ゆったり~普通の速さ) 体重を1.5~2.5倍する
(例 60kgの男性が、ゆったり歩くと、×1.5で90kcal消費)
 
・ウォーキング(速め) 体重を3.5倍する
 
・ゴルフ 体重を3倍する
 
・時速10kmでサイクリング 体重を3.5倍する
 
・エアロビクス 体重を4倍する
 
・階段の昇り降り 体重を4.5倍する
 
・テニス バレーボール 登山 柔道 剣道 体重を6倍する
 
・サッカー ラグビー バスケットボール 体重を7倍する
 
・ジョギング(100m/分) 体重を8.5倍する
 
・水泳(平泳ぎ) 体重を10倍する
 
・ランニング(200m/分) 体重を12倍する
 
・水泳(クロール) 体重を20倍する

クロールの消費カロリーの大きさが目立ちます。
 

 
ちなみに、「安部礼司」の番組中でも紹介されていたように、脂肪を1kg燃焼させるためには、7000kcal(ネット上では7200kcalとも)消費する必要があります。
 
体重60kgの人がクロールをやっても、6時間ほど泳ぎ続けなければいけません。
 
これは大変ですよね・・・orz
ダイエットのためには、やっぱり摂取カロリーもある程度制限しなければいけません。
 
といっても、食べないダイエットはダメです。
 
結局のところ、運動とカロリー制限の組み合わせで、少しずつ体重を減らすのが王道、ということになります。
 
 
ダイエットというと食事の量を減らすイメージがあり、それは確かに正しいのですが、私としては、まず間食を見直すのも必要だと思います。
 
間食は思い切って無くしてしまうか、どうしても食べてしまうならカロリーの低いもの、あるいは糖分の少ないものに変えてみてはどうでしょうか。
 
・揚げ物系のスナックをやめる
・クリーム系をやめる
・糖分を含んだジュースをお茶系に替える

 
間食も半ば習慣になっているので、地味な変化でも積み重なれば結果は大きく変わってくるはずです。
 
リバウンドしないためには、少しずつ地道にやるしかありません。
 
摂取カロリーと消費カロリーの収支計算には、今回紹介した式を使ってみて下さい。
 

コメントを残す