初心者向け ランニングシューズを選ぶ時のポイント2点

東京マラソンもすっかり定着し、「○○マラソン」といったイベントは全国で大盛況です。
 
いまや「走る」ことは国民スポーツとして認知されているのではないでしょうか。
 
しかし、メルマガやこのサイトで何度か指摘したように、走る運動はケガを招くことも意外と多いと私は思っています。
 

ケガを防ぐには走るフォームと共に、シューズの選択も大事です。
 
シューズは一度買うと同じものをしばらく使い続けることが多いので、最初の選択を間違うと安全性の低いシューズで走り続けることになりかねません。
 
 
以下にポイントを2点紹介します。
 
◆初心者は靴底が厚めのものを選ぶ。多少重くてもOK
 
マラソンランナーなどの靴を見ると、「底が薄くて軽そう」というイメージを持つのではないでしょうか。底が薄くても走れるのは、アスリートの骨・関節・筋肉は非常に鍛えられているからです。
 
ランニング初心者であれば、脚を保護する意味で底の厚いものを選ぶのが正解です。多少重くなりますが問題はありません。
 
むしろ、「初心者には重いものがおすすめ」という意見もあります。
 
 
◆普段履きの靴より1cm前後大きめのものを選ぶ
 
ランニング用のシューズは履いたときにつま先部分の余裕が必要です。
 
これは、ランニングの着地の際にはつま先(特に親指の爪)に負担がかかるからで、初心者の場合はこの傾向が特に強くなります。
 
「足にピッタリしていないと靴擦れするのでは?」という心配もありますが、ランニングシューズは紐で足を固定することができるので、少し大きめでも足が靴の中で暴れることはありません。
 
 
ランニングは、脚に体重の三倍の負荷をかけます。走っている間、脚にそれだけの負荷がかかり続けることになります。
 
走るフォーム、走る場所と共にシューズの選択もおろそかにはできません。
 
ショップによっては、フィットする靴の相談にのってくれるところもあります。いろんな情報を集めて、しっかり選びましょう。
 


※マラソン上達法
中高年初心者のためのフルマラソン完走法
「はじめてのマラソン完走プロジェクト!」
膝サポート走法 マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方

コメントを残す