ファストフードを食べる許容頻度は?糖尿病・心筋梗塞

当サイトを運営している以上、いうまでもなく私は健康を意識しているのですが、メルマガなどに
 
「ファストフードやインスタント食品も、たまになら食べてもOKではないか」
 
としばしば書くことがあります。
 

どの程度を「たまに」と言うかは議論の分かれるところで、これは人によって違うでしょうが、その判断の材料になりそうな記事もあります。
 
ファストフード“週2”で危険? 食べる頻度高いほど糖尿病リスク
http://news.livedoor.com/article/detail/6759345/
 
記事の内容をまとめます。

■調査したのは米ミネソタ大学公衆衛生学部のAndrew O. Odegaard氏
 
■対象者は、93~98年に個別面接を受けた6万3257人、99~04年に追跡調査されたおよそ5万2千人の中国系シンガポール人
 
■ここでのファストフードとは ハンバーガー チーズバーガー フライドポテト ピザ サンドイッチ類 フライドチキン ホットドッグ を指す
 
 
■糖尿病リスクは、ファストフードを全く食べない人と比べ
 
・月1~3回食べる人は 1.02倍
・週1回食べる人は 1.17倍
・週2回以上食べる人は 1.27倍
 
高くなる
 
 
■冠動脈疾患による死亡リスクは、全く食べない人と比べ
 
・月1~3回 1.02倍
・週1回 1.19倍
・週2回以上 1.56倍
 
高くなる

ファストフードを食べると、疾患リスクが上がるのは間違いないようです。
 
健康的ではないとわかっていながら、時々食べたくなるのはなぜでしょうか?
 
おいしいハンバーガーのこわい話(レビュー多数あり)
おいしいハンバーガーのこわい話
 
以前別のエントリーで紹介した本「おいしいハンバーガーのこわい話」でその一端がわかるように、「いかに売るか」を研究し尽くされた味やCM戦略などで、消費者に「食べたい」気持ちを起こしているのでしょうか。
 
とはいえ、その欲求に流されて、食べるのが習慣になってしまうといかに危険か、この調査結果を見ればわかります。
 
ファストフードを食べるなら、あくまで「たまに」が良いようです。
 

コメントを残す