少食でもパワフルに活動できるのはなぜ? 管理人の推測

摂取する食事が少なくとも、活動量や筋肉量が落ちないのは何故でしょうか?
 
個人の体質によるところが大きいのはわかりますが、それだけというわけでもないでしょう。もっと普遍的な理由もあるはずです。
 
あくまで私の仮定ですが・・・

・体が成長している年齢までは代謝も盛んで、タンパク質や炭水化物、ビタミンといった栄養素をたくさん必要とする
 
・一方で、ある程度年齢が進み成長も止まる頃には、筋肉や神経、免疫組織などはすでに完成していると考えられる 組織を新しく作る必要は無いため、食事などによる栄養分の補給は必要最低限で良い
 
・石原医師によると、食べる量を減らすと免疫力が強くなる 風邪などになることは少ないし、体調が悪くなることもない よって活動的な生活を送ることができる

・・・といったことが理由ではないかと。
 
 
また食べる量を制限し続けていると、栄養分をものすごく吸収しやすい体質に変わるのではないでしょうか。炭水化物やタンパク質、あるいはビタミンも、食事として食べる量はわずかでよい、というわけです。
 
できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !
できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !
 
大昔の人間は、思うように食べられない環境にいるのが当たり前でした。人体としては「それほど食べない」のが普通だったのです。
 
 
あまり食べずに活動するのが人間としての本来の姿であり、その意味では「いつでも、好きなだけ食べられる」環境の現代が異常と言えるかもしれません。
 
 
いかがでしょうか?食べなくてもバリバリ活躍している人の例を紹介してみました。
 
 
「ただ単に食べる量を減らせばOK」というわけではありませんし、個人差も考慮する必要がありますが、現代人の食生活は、もう少し食事量を減らすほうが健康体をキープできるとは言えるのではないでしょうか。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す