アデノウイルスによるプール熱 症状や予防法 目は洗う?

06年はプール熱が過去10年で最多のペースで発生しました。
 
国立感染症研究所の調べでは06年は5月上旬までに約1万8400人の患者が報告されていますが、実際の発生はこの10倍と考えられています。
 

管理人が住んでいる熊本では県内のプール熱感染者数の調査を毎週行っています。
 
年間の患者数はわかっているだけで毎年1000人前後で、
 
2006年 1159人
2007年 1008人
2008年 989人
 
と確認されていますが、こちらも実際にはこの数倍の患者がいるとみられています。
 
 
プール熱の症状には
 
39度前後の発熱 頭痛 倦怠感 目の痛み 充血 ノドの痛み
 
といったものがあります。
 
 
感染力の強いアデノウィルスが原因で、プールでの感染が多いことからこの名前がつきました。 プール以外にもドアノブ、水道の蛇口、エレベーターのボタンを介して感染することもあります。
 
 
感染するのは9歳以下が90%以上ですが、大人でもかかります。感染した場合、アデノウィルスには効果的な薬が無いため、3日ほど安静にするしかありません。
 
 
予防するにはまずうがい・手洗いの実践が一番大事で、タオルの共用を避けるのもポイントです。プールから出たあとシャワーを浴びるのも忘れないようにしましょう。
 
 
プールから上がる際、以前は目を洗っていましたが、いまは「プールから上がる際には目を洗わないほうが良い」という考え方が主流になっています。
 
カルキを含んだ水道水で眼球を洗うと、表面の抵抗力をかえって落としてしまう、というのがその根拠です。
 
 
私も以前は洗っていましたが、しばらく洗眼なしでやってみたところ、特に問題は発生していません。
 
ということで、現在は私も「プールから上がっても洗眼はしなくても良さそう」という考えに落ち着いています。(下に記事を作成しました)
 
 
しかしプール熱などの感染症は気になります。そこで、人がたくさん入るプールで遊んだ後は、目薬を使用してはどうでしょうか。
 
カルキを含まなければいいわけで、涙タイプの目薬でもOKです。
 

プールの後は洗眼した方がいいのか?私の結論

私が小学生や中学生だった頃は、プールで泳いだ後は必ず目を洗っていました。
 
何の疑問も持たず当たり前のようにやっていて、それで問題は無かったのですが、最近は「水道水による洗眼はやらない方が良い」が共通認識になっているようです。
 
 
とはいえ、不特定多数の人が同時に利用するプールで泳いだ後、目を全く洗わないと少し不安を感じるのも事実です。
 
それでは、結局プール後は目を洗った方が良いのでしょうか?
 
 
「水道水で目を洗うと良くない」とは、08年に慶応大学を中心とした研究グループが発表しています。
 
この調査では、塩素を含んだ水で目を洗うと角膜表面の傷が増え、同時に目の粘膜も減少することがわかっています。
 
また塩素は目の表面で抵抗力を作っている細菌叢のバランスを壊してしまうため、目に良くないという報告もあります。
 
これらの理由から、水道水で目を洗いすぎると
 
・目が疲れやすい
・目がショボショボする
・目が乾く感じがする

 
など、ドライアイに似た症状が出る可能性も指摘されています。勢いよく出る水道水で洗うと目の粘液を洗い流してしまうので特に危険です。
 
水泳の指導法がわかる本: よくわかるDVDシリーズ (レビューあり)
水泳の指導法がわかる本: よくわかるDVDシリーズ (教育技術ムック)
 
日本眼科医界は「水道水による簡単な洗眼は行って良いが、積極的に推奨するものではない」としています。
 
しかし、プールでは感染症の危険性があることも事実ですし、昔は水道水で目を洗っても問題などは起きませんでした。
 
 
ということで、結論としてまとめてみると

・目を洗っても良いが、長時間洗わない まばたきしながら、長くても20秒ほど
・強い水圧では洗わない
・洗眼するなら水道水より、涙成分の目薬などが良い

といった感じでしょうか。
 
 
ちなみに私はちょっと前から水泳後の洗眼をやめてしまいましたが、目に不調などは全く起きていません。
 


水泳上達教材
いずれも紹介動画・サンプル映像があります!
↓ ↓ ↓
子供水泳・上達プログラム マイ・エス・スイミング国立スイミングコーチ監修
水泳ベストタイム更新プログラム
水泳スタート&ターン泳法別攻略プログラム世界選手権リレーコーチ 指導
水泳スピードアップ・プログラム アテネ五輪代表 森隆弘 監修 DVD2枚組
水泳ストリームライン改善プログラム 理解して上達できる「姿勢」トレーニング
バタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す