管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

キス病とは リンパの腫れや発熱

キス病とは、唾液中に存在する「EBウイルス」によって発症する感染症です。
 
実際にキスで感染するため、アメリカでは「キス病」と呼ばれています。
 
キス以外に回し飲みなどでも感染します。
 

日本では3歳までの子供は70%が感染しますが、この時期に感染しても発病せず、特に症状が出ないまま抗体が作られます。20歳代の90%以上が抗体を持っていると考えられています。
 
 
しかし思春期以降に感染すると50%ほどの確率で発病することがあり、リンパ節の腫れ、高熱、だるさといった症状が出ます。
 
これらの症状が出ても重症化することはあまりありません。ほとんどが自然に治癒します。
 
 
アメリカでは幼児期の感染率は20%ほどで、日本とは逆に幼児期の感染率は低くなっています。
 
アメリカではむしろ青年の感染率が高く、年間では10万人あたり1万2000人が感染していると言われています。
 
 
青年になると他人との接触が多くなるため、キスが日常生活の一部になっているアメリカではキス病感染が多くなるようです。
 
 
昔に比べて衛生的になった日本では、キス病は少なくなっているともいわれています。
 
疾患としてはそれほど重篤な症状はありませんが、海外で生活する機会がある場合は頭に入れておいて下さい。
 

コメントを残す