トマトの栄養ビタミンやリコピン 健康効果 楽天市場やヤフーショッピングへのリンクも

MP900387900

トマトの原産地はペルーで、16世紀のアステカ王国では盛んに栽培されていました。 
 
 
欧州へは16世紀前半に伝わりましたが、当初は「毒がある」「媚薬ではないか」と噂がたち、食用ではありませんでした。食用として認定されたのは1778年からです。

 
アメリカのニュージャージー州では1820年、2000人の群集の前でトマトを食べたという陸軍大佐、ジョンソン氏のエピソードが残っています。
 
医師が「トマトは有毒なので大佐は発熱してたちどころに死ぬだろう」と予言しましたが、ジョンソン大佐は自宅の畑で育てたトマトを食べると宣言しました。
 
群集からは悲鳴が起こり、失神する女性も続出したそうです。
 
 
トマトの酸味は胃液の分泌を促し、消化を助ける働きがあるので暑さで食欲がないとき、あるいは胃腸が弱った時にトマトはおすすめです。
 
トマトにはビタミンC、脂肪の代謝を高めるビタミンB6、高血圧の予防に効果のあるカリウム、その他食物繊維も豊富に含まれています。
 
トマトの赤い色はリコピンという成分です。抗酸化作用が強く、老化防止、生活習慣病予防、美肌効果があります。リコピンは熱に強いのでトマトソースや煮込み料理などに加工しても効率よく摂取が可能です。
 
 
中国ではトマトは体を冷やす働きがあるので暑気あたり解消の食品とされています。
 
病気にならない トマト 健康レシピ
プロが作った一冊丸ごとトマトレシピ
 
楽天市場のトマト一覧です
こちらはヤフーショッピングのトマト一覧です
 

 

コメントを残す