前立腺について 前立腺肥大症の症状やがん検査キット ノコギリヤシも

前立腺は男性のみにあり、膀胱のすぐ下、尿道を取り囲むようにあります。
 
大きさはくるみくらいで、精液の一部を作る役目をしています。
 
内部は2つに分かれており、尿道に近い方を内腺、遠い方を外腺といいます。
 

前立腺肥大症は内腺に発生し前立腺がんはほとんどが外腺に発生します。
 
 
前立腺は年齢と共に萎縮していくのが普通です。しかし、約3割の人は50代から肥大していきます。この原因はよくわかっていません。
 
 
肥大が進むと尿道を圧迫し、尿がすぐ出ない、出終わるまでに時間がかかる、尿のいきおいがない、残尿感があるといった症状が出ます。
 
 
さらに肥大が進むと尿の量が著しく減少し、残尿が増えて感染をおこして膀胱炎や陣機能障害を起こす場合があります。
 
 
前立腺がんは外腺に発生するのでかなり大きくならないと症状が出ません。尿の症状が出ないままガンが骨に転移し、その痛みで異常を感じてようやく発見されることもあります。
 
 
尿の症状が出たら、たとえ軽くても泌尿器科を受診しましょう。
 
前立腺がんの検査では血液を調べます。血液中のPSA(前立腺特異抗原)を測定して、がんの可能性を判断するのです。
 
PSAとは前立腺の上皮細胞で作られる糖タンパクでがんになると血中に流れ出す量が増えます。
 


小林製薬の栄養補助食品 ノコギリヤシ 約30日分 60粒
郵送検査キット 前立腺がん検査
前立腺肥大症を完全に治す本 (ビタミン文庫)

コメントを残す