洋式トイレでの立ちション 尿はどれくらい飛散するか

健康とはあまり関係ない話題ですが・・・
 
 
洋式トイレでは、大小を問わず座って用をたす男性が増えているそうです。
 
松下電工の07年の調査では「座って用をたす」男性は49%いるそうで、99年から8年間で3.3倍になっています。
 

その理由としては「周りを汚さないため 45.8%」「楽だから 24.2%」といったものが上位にきています。
 
 
また同調査では、男性の立ったままの放尿でどれくらい飛沫が便器外へ飛び散るかという実験も行われました。
 
 
「高さ75cmから30秒間、400ccを放尿」する実験では、
 
・便器の手前を狙った場合 301滴
・便器の奥壁を狙った場合 201滴
・水たまりを狙った場合  85滴

 
といった結果が出ました。
 
水たまりの部分に放尿すれば飛沫が一番少ないわけですが、それでも結構な量が便器外に飛ぶのだな、という印象があります。
 
 
以前テレビを見ていたら、ある男性芸能人が「自宅に友人が来たときは、男でも洋式トイレでは座って用を足してもらう」と言ってました。
 
立ったままだと上のように飛沫が飛んで汚いからで、仮に「立ちション」をしたら友人でもマジで怒るのだとか・・・。
 
 
もしかしたら家庭によっては「お父さんの立ちション禁止」なんて通達が出ているところもあるのでは?
 
今後家庭の洋式トイレでは立ちション禁止になるかも?

コメントを残す