お酒を飲んだ後ラーメンを食べたくなるのは

「一杯飲んだ後にラーメン」はある意味王道ともいえる組み合わせです。
 
私もこの組み合わせは大好きですし、何度となくやりました。
 
それでは、飲んだ後にラーメンを食べたくなるのは何故でしょうか?
 

お酒を飲むと肝臓でアルコールが分解されます。その際には体内の糖分がエネルギーとして使われるため、血糖値が下がります。
 
すると糖分を補給するためにラーメン(炭水化物)を食べたくなります。
 
 
また、ラーメンは美味の三要素と呼ばれる脂肪分、糖分、うまみを全て備えています。
 
ラーメンを食べると脳内にベータエンドルフィン(快感をもたらす)が分泌されることがわかっています。ラーメンを食べるとその美味しさで人は幸せになるわけです。
 
 
その幸福感を覚えているため、普通の日常でもラーメンを食べたくなることがあります。
 
飲酒後体内に糖分が不足してくるとなおさら「ラーメンを食べたい」という欲求が出てくるのです。
 
 
まとめてみると、飲んだ後にラーメンを食べたくなるのは糖分補給と単純に美味しいから、ということになりそうです。
 
しかし、飲酒後のラーメンは深夜食べることが多く、炭水化物・脂肪分も多いのでダイエットの観点からはすすめられません。(それでもなかなかやめられるものではないですが)
 
楽天のダイエットラーメン一覧
 

コメントを残す