健康効果を感じる食品 ウコンとほうれん草 お酒を飲んだ後や肌に

前のページはこちら
 
効果を感じる食品の二つめターメリック(ウコン)については、私のメルマガや、私が飲んでいるウコン(別館)でもお知らせしています。
 
 
ターメリックの良さがわかったのは、スパイスカレーを作り始めたのがきっかけです。
 
(管理人も購入してます!)カレーの基本
カレーの基本
 
効果をもっとも強く感じたのは、お約束ですけどお酒を飲んだ後ですね。

 
こんなサイトがありました。
 
肝臓とウコンのお話
http://www.456.com/column/column_67.html
 
 
この中に私のイメージにピッタリな説明があります。以下引用させていただきます。

ウコンに含まれる「クルクミン」は、肝臓の働きを助け、胆汁の分泌を活発にしてくれます。
 
さらにクルクミンの優れている働きに、アセトアルヒデドの分解を通常の1.5倍も速め、二日酔いを防止してくれるということがあります。
 
またクルクミンは強肝作用の他に、殺菌・抗菌作用や抗炎症作用によって胃炎を抑えたり、胃・十二指腸潰瘍の原因とされるピロリ菌の繁殖を防いでくれる働きもあります。
 
漢方では、肝臓と目は通じていて、肝臓が良くなると目に栄養が与えられ、疲れ目解消・視力回復につながると言われます。
 
肝臓が良くなると、疲れやだるさが改善され、飲んだ翌日の体のだるさが無くなります。

(余談ですけど、ターメリックの色って胆汁の色に似てませんか?関係ない?)
 
ターメリックには以下のような効果が期待できるとされています。
 
 
コレステロール低下 心臓機能向上 心臓疾患予防 認知症抑制 すい臓がん・大腸がん・肥満・糖尿病・高脂血症などの改善
 
 
現代人を悩ませている症状が勢揃いしてます。
 
ターメリック パウダー 粉末 100g
ターメリック パウダー 粉末 100g スパイス ハーブ 業務用 ウコン
 
時々私はターメリックを手に出して、ペロッとなめています。風味はまさに「薬草」です。(薬草をなめたことはありませんが・・・)
 
ターメリックは実際に薬として使われているので、もしかしたら「食品」のくくりではないのかもしれません。
 
 
卓上調味料タイプなら価格も手ごろですし、興味があるなら一度試してみてはいかがでしょうか。(私はカレー作りにハマっているので、業務用の詰め替え袋で買っております)
 

 
最後にほうれん草について。
 
素肌タイプ別 食べて効く簡単メニュー健康法―マル特超人気1年中おいしいほうれん草料理7品入り
素肌タイプ別 食べて効く簡単メニュー健康法―マル特超人気1年中おいしいほうれん草料理7品入り
 
ほうれん草に関しては、これまで詳しく言及したことがありません。でも、実はひそかに効果を感じておりました。
 
 
確か西式健康法の本で、「ほうれん草など緑色の濃い野菜は、肌にハリを出す効果がある」という旨の記述を読んだのがきっかけです。
 
 
それならちょっと食べてみるべと意識してみたら、肌に良い変化が確かに表れるのです。顔を洗ったり、カミソリでヒゲを剃る際に明らかに違いが実感できます。
 
 
特に変わった調理をしているわけではありません。ゆでたり炒めたりと、ごく普通の食べ方です。ひと束を三日くらいで食べきる感じなので、量も特に多くはないでしょう。
 
 
一日に一食だけでもいいのでほうれん草を食べてみてください。それを一週間続けてみましょう。それだけで、おそらくなにがしかの変化が肌に表れるのではないでしょうか。(タバコを吸っていると、効果は実感しにくいかもしれません)
 
 
緑色の野菜は他にもいろいろあり、同様の効果期待できると思いますが、とりあえずはほうれん草で試してみてください。
 
安うま食材使いきり! Vol.11 小松菜・ほうれん草
安うま食材使いきり! Vol.11 小松菜・ほうれん草
 
ここでちょっと話題を変えて。
 
野菜と言えば、生で食べるか加熱するかで迷っている方も多いのではないでしょうか。生で食べるのは、野菜や果物の酵素を摂取するため、というのが主な理由だと思われます。最近は「スムージー」として摂取する人も増えてますね。
 
 
私もそれを意識して生食することもありますが、個人的には野菜や果物が持っている酵素をそのまま摂取して、人体の役に立つ機能が期待できるのだろうか?という疑念があります。
 
 
なので、生で食べなくてはいけないとは考えていません。加熱して食べる機会が圧倒的に多いです。
 
 
とはいえ生食を否定するわけでもありません。結局ところ、ある程度気分で決めてもいいのではないかと。いい加減なようですが、「生で食べたいな」「加熱しよう」と感じたら、それに従ってOKだと考えています。
 
「心の声を聞く」というやつで。
 
 
結論としては、「生でも加熱でも、野菜をとにかく食べるべし」といったところです。
 
(高評価です!)カラダによく効く野菜の食べ方 (廣済堂健康人新書)
カラダによく効く野菜の食べ方 (廣済堂健康人新書)
 
私の体験や考えを紹介しました。いずれも安価で手に入る食材ばかりなので、無理なく習慣にできます。加えて効果も高いとあれば、トライする価値はあるはずです。
 
 
あまり厳しく考えず、「ちょっと食べてみるか」といった気持ちで試してみてはいかがでしょうか。
 

コメントを残す