ピロリ菌について マヌカハニーなど抑制効果のある食品 感染経路と考えられるもの

ピロリ菌が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの原因となることは広く知られるようになりました。
 
しかし、ピロリ菌に感染しても自覚症状はほとんどないので、なかなか厄介です。
 
 
ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」といい、和訳すると「胃の幽門部(胃の出口付近)にいるらせん形の菌」となります。
 

「ウレアーゼ」という酵素で胃酸を中和しているため、胃酸の中でも生息可能です。
 
日本人でピロリ菌に感染している人は約6000万人といわれていて、40歳以上の人では約80%の人が感染していると考えられています。
 
日本は感染率が先進国のなかでも際立って高くなっています。
 
 
抗生物質など薬を正しく服用すれば、90%ほどの確率でピロリ菌を除菌することができます。
 
 
ピロリ菌除去効果のあるヨーグルトが一時期大変な話題なりました。このヨーグルトを継続して食べると胃炎などの予防効果だけではなく、口臭予防効果にも役立つとされています。
 
しかし、食べ続けてもヨーグルト単独では菌を100%除去できるわけではありません。
 
ピロリ菌除去効果のあるその他の食品としては、マヌカハニーやココアが知られています。
 
マヌカハニー蜂蜜 MGO100+ 250g 正規輸入品
マヌカハニー蜂蜜 MGO100+ 250g 正規輸入品
 
感染経路については、経口感染が主であるということ以外、実ははっきりわかっていません。
 
仮説としてあげられているものに、以下のようなものがあります。

・口から口への感染唾液
歯垢からピロリ菌が検出されたことがあるので、食事の際、食べ物を介して感染する場合などが考えられます。
 
・飲料水からの感染
国外ではピロリ菌が水道水から検出されたことがあります。
 
・ペットからの感染
衛生環境が整備された現在の日本では、ペットからの感染を過度に恐れる必要はありません。

関連コンテンツ
王監督の胃がん手術 はちみつ 大根 キャベツ
 


よくわかるピロリ菌と胃がんのはなし

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す