胃がんの症状 兆候やチェック項目など 胃の検査キットも

胃がんは多くのケースで、はっきりした兆候が出ません。
 
ただ、よく注意していると胃もたれ、食欲不振、みぞおちの下部に胃がある感じがする、といった自覚症状は感じられます。それでも早期では痛みが少ないため軽視しがちです。
 

胃がんの場合、こうした微妙な症状が胃炎などと違って長期間続きます。
 
また胃がんの場合体重が減少するのも特徴です。食生活を変えていないのに体重が減るのは要注意です。
 
 
女性は体重が減ることを喜ぶ傾向が強いですが、胃がんの一種であるスキルスは転移が早いため、不自然な体重減少があったら必ず検診を受けましょう。
 
 
胃がんの可能性が高いかどうかを判断するチェック項目として、次のようなものがあります。

1 血縁に胃がんの人がいる タバコを吸う 40歳以上である
 
2 塩辛いものが好きで、よく食べる 慢性の胃炎・胃潰瘍がある 胃中にピロリ菌がいるといわれた
 
3 ときどき胃痛がある こげたものをよく食べる ストレスがたまっている 黒っぽい便が出ることがある

1は最も危険度が高く、2つ以上に該当するならすぐに検査を受けましょう。
 
自分でできる郵送検診申込セット 胃がん(胃炎)
自分でできる郵送検診申込セット 胃がん(胃炎)
 
「もうタバコはやめた」という人でも、過去にヘビースモーカーだったのであれば、吸わない人よりもリスクは高いことを認識しましょう。
 
関連コンテンツ
はちみつ キャベツ
 


胃がん―治療・検査・療養 (国立がん研究センターのがんの本)

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す