胃潰瘍対策 習慣や食材 ピロリ菌への対処など

胃潰瘍は
 
「胃に穴が開いて激しい痛みと共に出血して、下血や場合によっては吐血もある」
 
といったイメージがありますが、実際には症状が全く無いことも多いのです。そのため胃潰瘍は検診の際に偶然発見されることがしばしばあります。
 

少ない自覚症状のひとつである腹痛が食後にひどくなる場合は胃潰瘍であることが多いとされます。対して十二指腸潰瘍では食前の腹痛が多くなります。
 
胃潰瘍の改善・予防で心がけるべきこととしては、次のようなものが挙げられます。
 
・お酒の飲みすぎをやめる
・食事は規則的に食べる
・食事には時間をかける。早食いはだめ
・間食や睡眠前の食事は胃酸の分泌を増やすので厳禁

 
 
胃潰瘍が胃がんの兆候として表れますが、内視鏡検査では潰瘍が胃がんによるものかどうかは見逃してしまうことがあります。
 
胃の組織を調べる生検を行うと癌かどうかがわかるので、気になるときは生検も受けておくと安心です。
 

胃潰瘍対策の食材

胃潰瘍に良いと昔から言われている食材に、ジャガイモがあります。
 
ジャガイモはビタミンCが豊富で、ビタミンCは胃の粘膜を保護する働きがあります。しかもジャガイモのビタミンCはでんぷん質で保護されているため壊れにくいのです。
 
よくあるジャガイモ料理のほか、細かく切って、フライパンで焼いて食べるのも手軽ながら良いようです。
 
胃潰瘍になったら、食事は規則的に、ゆっくり食べるのが大事です。
 
間食や睡眠前の食事は胃酸の分泌を促進するので禁物です。食事は消化の良いものが基本で、過度の脂肪分、塩分、糖分は控えましょう。
 
胃・十二指腸潰瘍の人の食事(レビューあり)
胃・十二指腸潰瘍の人の食事 (健康21シリーズ)
 
胃潰瘍には牛乳を勧められることが多いようですが、牛乳の脂肪分がかえって胃に負担になるケースもあります。

ピロリ菌への対処

胃潰瘍では、原因のひとつであるピロリ菌をいかに抑えるかが非常に大切になってきます。
 
近年はピロリ菌を除去する治療もあります。
 
ピロリ菌を胃から除去すると潰瘍の発生が抑えられるのは確かですが、ピロリ菌を除去したことによる副作用として逆流性胃炎の発症リスクも指摘されているので注意が必要です。
 
 
逆流性胃炎とは胃酸が食道に逆流して起きるもので、胃の酸により食道の内壁が荒らされてしまいます。
 
胸焼けや胃もたれ、食べ物がつかえる感じなどの症状が出ます。悪化してガンが発症したケースもあります。
 
 
ピロリ菌は悪さだけでなく、胃壁をやわらげ、胃酸が食道に逆流するのを防ぐ働きもすると考えられるのです。
 
広島県立病院の研究グループは、除菌しないほうが病気は少ないという研究結果も明らかにしています。
 
 
ピロリ菌は除菌してしまうより、活動を抑える方が良いようです。
 
最近はピロリ菌の活動を抑制するヨーグルトも発売されていますし、緑茶やココアといった飲料はピロリ菌を抑える効果が高いことが知られています。
 
ココアのピロリ菌殺菌作用は非常に強力で、ココアに含まれている「カカオFFA」という成分がピロリ菌に直接ダメージを与えます。
 
蜂蜜の一種であるマヌカハニーもピロリ菌駆除作用を持っています。
 
 
ただし、これらの食品を継続して食べたとしてもピロリ菌が完全になくなることはありません。
 
ちなみにピロリ菌はイヌ、ネコ、サル、ブタの胃にも生息しているそうです。
 
楽天のピロリ菌検査キット一覧です
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す