胃がんで胃切除後の症状・後遺症 食事における注意点 

王監督のように胃を全摘出すると、しばらくは食事ができません。
 
水分も2~3日様子を見てから摂取します。
 
 
胃が無いということは、食べ物が急激に小腸に達することになります。その結果、食後2~3時間で空腹になる、疲れやすくなるなどの後遺症がしばらく続きます。
 

その他の後遺症として食後に
 
腹痛
吐き気
めまい
手の震え
脱力感

 
などの症状が出る場合があります。
 
「ダンピング症候群」と呼ばれる症状で、これが治まると逆流性の食道炎が起こるケースもあります。
 
 
一方で後遺症が全く無い人もおり、何年か後になって後遺症に襲われるケースもあるのです。
 
自分に最適な食事の量やスピードは、各自で見つける必要があります。
 
 
早期の胃がん治療では、肉眼で見て転移部分などが無いように切除されれば、治癒と見なせる5年後の生存率は9割以上に上ります。
 
関連コンテンツ
王監督の胃切除手術  はちみつ
 


胃を切った人を元気いっぱいにする食事160
胃を切った人のおいしい回復レシピ300―組み合わせ自由自在

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す