ぎっくり腰の原因 発症してしまったら 対策やコルセット

ぎっくり腰の多くは、日常生活のふとした時に突然発症します。
 
「魔女の一撃」の原因になりがちな、注意すべき動作を挙げます。これらを行うときは腰を意識して、負担を軽くするよう注意すればぎっくり腰は予防できます。

ぎっくり腰を招きやすい動作

・朝、顔を洗うとき
ひざを伸ばした状態で上半身を曲げると腰に負担がかかります。
 
朝は起きたばかりで体が硬くなっているので特に注意が必要です。お腹に力を入れ、ひざを曲げながらかがみましょう。
 
 
・重いものを持ち上げる
最も注意が必要な動作のひとつです。上体だけを90度曲げて重いものをかかえるのは絶対にいけません。
 
必ず膝を曲げるか膝を地面に付け、体を荷物に近づけます。腹筋・背筋に力を入れながら、できるだけ体に近いところで持ち上げましょう。
 
低いところにあるものを取り出すときも同様に注意が必要です。
 
 
・靴下をはくとき
立ったまま履こうとすると、不安定な体を支えようとして腰を痛めることがあります。
 
イスにすわり、足と体を近くして履きましょう。前かがみの姿勢は可能な限り避けます。
 

 
・長時間の立ち仕事
立ったまま長時間の作業をするときは、片足を10~15cmくらいの台の上に乗せると腰への負担が軽くなります。乗せる足を時々替えるとさらに効果的です。
 
 
・くしゃみ
くしゃみも腰を痛める原因になります。
 
自営業をしていたころの私の職場にも、くしゃみでぎっくり腰になった人が二人いました。
 
猫背気味で腰周辺の力が抜けている状態のとき、くしゃみを強烈にすると「腰がやばかった」ということ、ありませんか?
 
くしゃみをするとき、私は腰に力を入れ、前に出すよう心がけてます。

ぎっくり腰になってしまったら

万が一ぎっくり腰になってしまった場合はまず安静が第一です。
 
患部に冷シップをあててじっとしていれば痛みが軽減することもあります。
 
痛みがひいてきたらコルセットで腰を安定させると、動作が楽になります。早目に医師の診断を受けましょう。
 
しびれがある、痛みがひかない、あるいは痛みが強くなるときは特に注意が必要です。
 
エゴスキュー腰痛改善DVD ヘルニアやギックリ腰も根本から改善!
 

コメントを残す