ITが脳に及ぼす影響 会話との比較 脳を退化させないためには

パソコンにスマホ、携帯電話などIT機器が普及した現在、いろんな場所に行き、人と会って話す、話を聞く、という機会が確実に減っています。
 
現在最も使用されているコミュニケーションの手段はおそらく、メールをはじめとする文字(テキスト)でのやりとりでしょう。

メールと会話の違い

文字でのやりとりと従来の会話を動作の面で比較してみると・・・。
 
 
メール:(来たメールを)見る→考える→(自分のメールを)見る→返信(以下繰り返し)
会話:相手の話を聞く→考える→しゃべる(以下繰り返し)

 
 
と、こんな流れになると思います。
 
動作の数だけ見ると差は無さそうですが、脳の働きという面で見ると大きな差があります。まずメールの場合、五感のうち使うのはほとんど視覚だけと言えます。
 
着信音以後は視覚と指先だけで事足りるのではないでしょうか。刺激の変化といえば、絵文字、顔文字を使うくらいです。
 
これに対して会話では聴覚、視覚、時には嗅覚も刺激されます。しかもその刺激も実に多種多様です。
 
直接人と会って話すという行為は、単に言葉を交わすだけでなく、相手の表情を見る、声色を聞くという動作も加わり、それらを総合判断して会話を進めていくものです。
 
表情や見た目、声色を判断する際には相手の機嫌、性格、自分の好みかどうか、健康状態、髪型の変化、無精ひげの有無、服装、化粧の状態・・・など、ほとんど際限なく「刺激のもと」があります。
 
相手が2人以上であればもう大変なことになるでしょう。
 

 
テキストのやりとりだけを行うメールやSNSでは、会話ほど「場の雰囲気」というものができません。
 
さらには話の進み方に流れが無い(返信を待つ間が空いてしまう)ので、会話の中で気の利いたアドリブを挟む機転、といったものは養われません。
 
「場の空気読めよ!」とか「アドリブきかんなぁ」と突っ込まれることになりかねません。
 
 
こうやって書いてみるとただ単に「人としゃべる」という行為も意外と頭を使うことがわかります。
 
言い換えると、ITに頼りきってしまうと脳が活性化せず、退化してしまいかねないのです。
 
記憶力や判断力、選択・系列化の能力、視覚的注意力、空間認知能力が低い若者が増えている、との報告があるのは、その退化の表れかもしれません。
 
仕事に支障をきたし、会社を辞めざるを得なくなった、という例もあるそうです。
 
ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること
ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること

IT過多による弊害と対策

最近、こんなことありませんか?

・「あれ」「それ」など代名詞を会話中に多用するようになり、言葉がすぐ出てこなくなった
 
・予定を立てることや書類作成が億劫になった
・身だしなみが乱れ、世間の流行や時事問題にも無関心になった
・人と会うと疲れる 友人も少ない
 
・状況判断ができず、問題解決をマニュアルどおりにしかできない
・情報を勘違いすることがある
・地図を見ても道に迷う
 
・待ち合わせ時間に遅刻する
・常識がないとよく言われる
・人の意見を聞かない

該当する項目が多いほど日ごろから脳が休みがちになり、脳の機能が退化してしているおそれがあります。若くても健忘症に似た状態と言えるでしょう。
 
とはいっても、脳の組織そのものが壊れているわけではないので、訓練によって機能の回復は十分可能です
 
具体的には、新聞や雑誌を読んだ後、記事に登場した単語を一分間で10個思い出す、といったトレーニングがあります。
 
 
脳は筋肉に似ているといわれます。使わないでいると弱っていきますし、意識して新しい刺激を与え続ければ年齢に関係なく「強度」を保つことができます。
 
 
IT機器はとても便利で有益なものですが、時にはそれらに頼らない、昔ながらのローテクコミュニケーションを見直してみることも必要ではないでしょうか。
 
現代人の足腰のように、文明の利器のために脳の機能まで衰えてしまった、ということにならないためにも。
 


生涯健康脳 こんなカンタンなことで 脳は一生、健康でいられる!
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める
100歳まで成長する脳の鍛え方
会話のうまさで人生は決まる! 成功に導く12のテクニック

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す