管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

マッチョなおじさんからのアドバイス「筋トレは筋肉に効かせるのが目的」

以前私はジム通いをしてウェートトレーニングをしていました。(これを書いている現在は諸般の事情から通っていませんが)
 
 
ジムでは老若男女いろんな人が運動しており、中にはボディビルダーとおぼしきマッチョな人も当然います。
 
私が筋トレしていると、動作のやり方などを教えてくれる人もいて、とても勉強になったものです。

そんな感じで何人かの人と話をしましたが、いろいろ受けたアドバイスの中でも特に印象に残っているものがあります。
 
それは
 
「筋トレは重いのを上げるのが目的ではなく、筋肉に効かせるのが目的だからね」
 
というもの。
 
これを教えてくれたのはこれまたとんでもないマッチョマンで、私の推測ではおそらく年齢50歳ほど、職業は学校の先生らしき男性です。
 
大胸筋や脚の筋肉が盛り上がっており、上腕周りなどは私の二倍ほどあったのではないでしょうか?
 
 
しかしこの男性、さぞかし重いものを上げ下げしているのかと思いきや、アームカールは私が「ウソだろ?」と驚くほど軽いウェイトでやるのです。
スクワットもウェイトを使わず、重心をやや後ろにかけても倒れないよう、柱をつかんで行っていました。
 
 
なぜそれほど軽いウェイトを使うのか、と聞いたところ、先のアドバイスをもらったのでした。
 
 
またその男性は「軽いウエイトでもいいから、フォームを正しく」といつも強調してました。
 
ヘンに重いウェイトを使って、上げることが目的になってしまうと、身体の反動を使ったりして筋肉に効いていないこともあります。
 
フォームを正しくすることでパンプアップしやすいですし。
 
実際に、その男性が筋肉に見合うだけの重いウェイトを使っているのはほとんど見たことがありません。
 
 
マシンを使ったレッグカールも私のウエイトの1/3くらいだったのです。(ただし、大胸筋を鍛えるためにベンチでやっていたバタフライはとんでもない重さのダンベルを使っていました)
 
 
筋トレでいかに筋肉にきかせるか、というのはいくつか考え方があり、一概に「こうした方がいい」とは言えないものです。どのような種類の筋肉を鍛えるか、ということでも内容は変わってくるでしょうし。
 
 
しかし、私がアドバイスされた「軽いウェイトでもいいので正しいフォームで行い、筋肉にちゃんと効かせること」というのは、筋トレ全般で意識すべきポイントだと私個人的には考えています。
 
 
筋トレをやっているが思うように筋肉が発達しない、という場合、トレーニングでのウェイトとフォームを一度見直してみるのもひとつの手なのではないでしょうか。
 
 
「重たいウェイトを挙げるより、軽いウェイトを挙げるほうが筋肉を大きくする」
浅見尚規氏のボディビルノウハウDVDです。
※肩、胸、背中のトレーニングに特化しています
↓ ↓ ↓
ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ インテリジェントマッスルトレーニング
 

コメントを残す