仲間由紀恵さん 体幹トレやウェーブストレッチリング

女優の仲間由紀恵さんは出世作「トリック」で主演するようになってから、14年になります。(2014年時点)
 
開始当時から衣装はほとんど変わっておらず、ヘアスタイルもストレートのロングヘアのまま。
 
衣装がそのままということは、14年間体型が変わっていないことを意味します。
 
(このコンテンツは雑誌Tarzan 2014年 1/23号 137ページを参考にしています。当コンテンツの内容は記事発表時のものです)
 

要求されるどんな動きにも対応するため、コンディションのキープは役者として大事な仕事と仲間さんは考えています。
 
2年ほど前から、ジムでパーソナルトレーナーをつけてトレーニングをしています。マッチョになる必要は無いので、ピラティスに近い体幹トレーニングがメインです。
 
 
このトレーニングは目に見えて効果が出ています。
 
仲間さんはすごい肩コリで、右肩は特にひどかったのですが、体幹を鍛えて肩甲骨を動かす意識を持てるようになってからは自分でコリをほぐせるようになりました。
 
インナーマッスルを整えたことで、内臓も本来の位置に収まり、体調維持にも役立っています。
 
 
最近は植物性のソイプロテインを毎日飲んでいます。
 
「ホエイなどの動物性プロテインは筋肉づくりに役立ち、植物性プロテインは全身の細胞を作る」
 
と聞き、大豆のソイプロテインを飲んでみたら、体がスッキリしてきたと実感しています。
 
【正規品】 ウェーブストレッチリング プラスチック製 男女兼用 グリーン(レビュー多数あり)
【正規品】 ウェーブストレッチリング プラスチック製 男女兼用 グリーン
 
ウェーブストレッチリングも最近使い始めました。
 
腰のあたりにおいて仰向けになり、体をゆらゆらさせて背中を床に着けます。肩甲骨や腰の周りをこれで刺激してから寝ると全身がリラックスできるそうです。
 
仲間さんもおすすめです。
 

ウェーブストレッチリングでできること

ウェーブストレッチリング(以下WSRと略)とは、骨盤のような形をしたリングで、プラスチック製あるいはけやき製のものが市販されています。
 
その独特の形状から500以上のエクササイズができるそうです。
 
愛用者も増えていて、「09年にヒットしたエクササイズギア」のひとつに選ばれています。
 
WSR(プラスチック製)のサイズは横が24cm、縦の長さは中央部が10cm、両脇が13cmで、重さは約230gなので、携帯も容易です。
 
WSRは整体やバレエ、さらには中国武術の指導も加味して開発されており、特許を取得しています。
 
WSRの紹介文を引用します。

東洋(気功太極拳・ヨガ・身体調節法)と西洋(トレーニング・コンディショニング)の身体メソッドを「ゆらぎ」、「しなり」の波の動き(ウェービング・スキル)により融合させ伸びやかな姿勢やスムーズな動きに最も大切なボディーアーチをリメイクするエクササイズです。
 
(月刊ネクスト1月号33ページ)

具体的にどんなことができるのかというと、
 
・ストレッチ
・体幹エクササイズ
・椅子の上に置き、上に座ることで骨盤調整
・フェイシャルマッサージ

 
などがあります。フェイシャルマッサージまでできるのは驚きです。
 
 
宣伝用コピーとしては
 
「ほぐす」「伸ばす」「引き締める」が同時に行えるウェーブエクササイズ
 
といったものが使われています。
 
エクササイズ好きなあなたは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
 
ウェーブストレッチリング 楽天市場での一覧です
 

コメントを残す