白樺花粉症で口腔アレルギー発症の可能性がある食品

ウィルスや細菌のように「身体に望ましくないもの」として特定の食物が体内で判断されると、それらの食物を排除しようとする反応がおきます。
 
これが食物アレルギーです。

アレルギーを起こす食品と白樺花粉症

症状としてはじんましん、せき、呼吸困難、下痢や嘔吐などがあります。
 
 
症状が進んで、呼吸困難や意識障害など、全身に及ぶ重い症状のことをアナフィラキシーといいます。
 
アナフィラキシーは食物アレルギーだけでなく薬物の服用、ハチ刺されによっても起こります。
 
アナフィラキシーの初期には口の中のかゆみ、しびれ、手足の動悸、しびれ、あるいは吐き気、腹痛、じんましんなどかおこります。
 
 
また白樺の花粉症にかかっていると、白樺の花粉に似たタンパクを持つ果物や野菜でアレルギー反応が出ることがあります。
 
例えばマンゴーを食べると口の中がピリピリし、じんましん・鼻水・くしゃみが出る、などの症状がそれにあたります。
 
このような症状を「口腔アレルギー症候群」といいます。
 
 
花粉との関連が指摘されている果物や野菜を挙げます。

白樺花粉
 
リンゴ モモ サクランボ すもも アンズ アーモンド 西洋梨 セロリ ニンジン ジャガイモ キウイ ヘーゼルナッツ しし唐辛子 マンゴーなど
 
 
イネ科植物の花粉
メロン スイカ トマト じゃがいも キウイ オレンジなど

何か食べてアレルギー反応が出たら、これらの食品を口にしていなかったかチェックしてみて下さい。
 

コメントを残す