アトピー対策の服と掃除のコツ

アトピー性皮膚炎の患者向けに、着ると皮膚のかゆみが和らぐという機能性繊維があります。
 
大和紡績(本社・大阪)が繊維開発に成功し、科学技術振興団が同社に三億円で製品化を委託することになったのです。
 
この機能性繊維は、木綿やナイロンなどの通常の繊維を、鉄などの金属を含む有機化合物「フタロシアニン」で染色したものです。
 

フタロシアニンは、繊維に付着したハウスダストやダニのアレルゲンなどを分解する効果を持つことが確認されています。
 
この効果により、アトピー性皮膚炎で大きな問題になる「皮膚を掻くこと」が非常に少なくなります。
 
9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方
9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方
 
アトピー性皮膚炎では、かゆみから皮膚を掻いてしまうと、出血から皮膚に感染症を起こすことがあります。するとまたかゆみを感じて掻いてしまう、という悪循環が起きてしまいます。
 
この機能性線維はそのかゆみを抑える効果があるのです。
 
 
臨床試験では、普段は「掻かないと眠れない」というアトピー患者も「掻かなくても眠れる」程度に改善する例もありました。
 
約100人がこの繊維で作った下着を着用したところ、8割以上の人に効果がありました。
 
 
特に子供のアトピーでは、「かきむしりを防ぐ」のは症状を悪化させないためのポイントです。この線維を使った服が一般に広く出回るようになればアトピー患者の大きな助けになるでしょう。
 

池谷優子医師 アトピー対策お掃除5つのコツ

アレルゲンの代表ともいえるダニは、湿気と気温が高くなる梅雨時に一気に繁殖することがあります。
 
小さいお子さんがいて、アトピーが気になる家庭では、梅雨時期はいつもよりさらに念入りな掃除が必要といえます。
 
 
小児科医の池谷優子医師によると、アトピー対策の掃除には5つのコツがあるそうです。
 
新聞広告にも掲載されたので目にされた方も多いかもしれませんが、改めて紹介してみます。
 
その5つとは

1 「朝起きてすぐ」か「帰宅直後」に掃除するのが効果的
 
2 最初は市販品の使い捨てモップなどで拭き掃除
 
3 床と平行なところを高いところから低いところへ
 
4 掃除の際には換気を必ずしてホコリを家の外に出す
 
5 掃除機の紙パックはこまめに交換する

というものです。
 
1の時間帯が有効なのは、細かいホコリも床に落ちているからです。全ての部屋を掃除するのが大変な場合は、寝室やリビングを優先して行います。
 
 
(汚い話で申し訳ないですが)私はアトピーではありませんが、部屋の掃除をしばらくサボると、皮膚にかゆみが出ることがあります。寝るときにセキが出ることもあるのです。
 
皮膚や呼吸器がてきめんに刺激をうけているのは間違いありません。こうした症状は掃除をすると一発で解消します。
 
以前読んだ記事で、あるご長寿さんが長生きの秘訣として「自分の周囲を清潔に保つこと」を挙げていました。
 
健康トピックでは地味な印象がある掃除ですが、やはり軽視はできませんね。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す