BMI指数はあくまで目安に やせすぎもダメ

世の中は「やせているほど良い」とでもいえそうな「やせ信仰」が蔓延していますが、健康維持の面から考えれば「とにかく痩せればよい」というわけではありません。
 
あまりにも太り過ぎていると、糖尿病・高血圧・動脈硬化・大腸がんといったリスクが上がるのはもはや常識です。
 
しかし、やせすぎていても肺炎やがんにかかるリスクが上がることもわかっています。

「ちょいメタ」でも大丈夫
「ちょいメタ」でも大丈夫
 
中年男性の場合、BMI指数(体重kg÷身長mの2乗)で21から27の範囲が理想的とされています。
 
 
私個人的には、BMI指数はあくまで目安だと思っていますし、さらに言うなら体重だけをとりあげて「太った・痩せた」と論じるのはナンセンスだと考えています。
 
なぜなら、体重の「質」に注目していないからです。
 
体重が増えても、筋肉が付いて体が重くなったのであればそれはむしろ理想的ですし、逆に体重が減っても、筋肉が落ちたのであれば好ましくありません。
 
女性がキツめのダイエットをして体重を落とすことがありますが、あれは往々にして筋肉を落としているのではないでしょうか。
 
そのようなダイエットは健康的ではありませんし、高確率でリバウンドを招いてしまいます。
 
 
食事のバランスは保ちつつ、運動などの活動量を増やして脂肪を減らすのが正しいダイエットです。
 
BMI指数が高くなったからといっても、筋肉が増えたのであれば気にする必要は無いでしょう。
 
対して、運動や筋トレもしていないのに指数が下がったとしたらそれはむしろ良くない兆候かもしれません。
 

マドリード市「やせ過ぎモデルはダメ」BMI指数は?

06年の9月、スペインのマドリード市は「やせ過ぎのモデルはファッションショーへの参加を禁止する」という発表しました。
 
同市では、ショーに出場できる条件を
 
「BMI指数が18以上のモデルに限る」
 
としています。
つまり、身長が170cmのモデルさんなら体重は52kg以上必要なわけです。
 
ちなみに177cmのナオミ・キャンベルさんなら56.4kg以上、178cmの冨永愛さんなら57kg以上必要な計算になります。
 
すべての女は痩せすぎである
すべての女は痩せすぎである (集英社文庫)
 
この動きに対して、フランスやアメリカは批判的なのですが、イタリアでは同調する動きが広がりました。
 
イギリスでは、「やせ過ぎと判断されるモデルが露出することによる悪影響」を食事障害防止団体などが訴えていたそうで、ショーの主催者に圧力をかけていたとのこと。
 
反して、日本では特に目立った論争はありませんでした。
 
 
「差別だ」という意見もあるようですが、「新しいルール」とも言えなくもないような。私自身はなんとも判断しかねてます。
 
ただ、BMI指数を判断の基準でなく、健康診断を受けるよう義務づけるのもひとつのアイデアではないかなと思います。
 
モデルの女性が痩せすぎで亡くなっているのは事実ですし、私自身「ちょっと痩せすぎじゃないかな?」と感じるモデルさんをテレビで見ることがあります(それでも健康であれば全く問題は無いのですが)。
 
重すぎても軽すぎてもいけないとは、「モデルもつらいのよ」といったところでしょうか。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す